WHITE ALBUM2 幸せの向う側 #12 卒業 乗り換え感想

  • 2013/12/24(火) 07:42:37

20131224063308.jpg
二人は幸せでもないキスをして終了。

20131224062912.jpg
割り込んで何が悪い。
20131224062933.jpg
知ってた。
20131224063013.jpg
(ぅおのれ冬馬かずさ、貴様さえ、貴様さえいなければ…)
20131224063050.jpg
行ってほしくなかったら、手紙のことを言わきゃいいわけで。
20131224063204.jpg
電話越しの告白は女の子の特権。
20131224063234.jpg
落ちたな(確信)
20131224063134.jpg
FDメガネルート追加不可避。

序盤の劣勢は逆転フラグ。
土俵際で冬馬さんが見事うっちゃりを決め、小木曽さんは場外へ真っ逆さま。
満を持しての安田賢司コンテ、屋上の陽光と公園の白雪が美しい対比でした。
あったかい方にいながらバッチェ冷えてしまうとは、マンモス哀れな奴。
やはり#1の感想で予言した通りの結末を迎えてしまったか。
けど、最後にフェアな決着を望んだ彼女の心情に胸打たれた。
割り込んだことに、ずっと負い目を感じていたのだろう。
彼が自分を選ばないと予感していながら、それでも彼女はその手を放した。
弱い部分やずるい部分も含めて、とてもいい子だと思った。

冬馬さんも、通話中に空模様を実況するなんて。
雪という共通項に触れたのは、もしかしてメッセージだったのか。
近くにいることに、本当は気づいてほしかったんじゃないのか。
別れの電話をかけておきながら、最後まで消えなかった未練。
きれいさっぱりあきらめられるくらいなら、最初から好きになってない。
人間そんなに潔くもかっこよくも生きていけない、
恋のつらさと苦しさを痛切に感じさせられた話でした。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

WHITE ALBUM 2 第12話 「 卒業 」

WHITE ALBUM 2 第12話 「 卒業 」 2013/12/22 墨汁一滴様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 2013/12/22 634様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 2013/12/22 霧の童話様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 2013/12/23 ...

  • From: HARIKYU のブログ |
  • 2013/12/30(月) 17:10:04

WHITE ALBUM2 #12「卒業」

WHITE ALBUM2の第12話を見ました。 #12 卒業 「雪菜、ごめん…」 「何が?」 「一つ目はパーティ行けなくて」 「どちらかっていうとこんな体調で家を出ようとしたことを謝ってほしいんだけどな」 「二つ目はわざわざ来てくれて」 「ううん、連絡くれたこと、頼ってくれたこと、嬉しかったよ」 かずさにキスをした後、熱を出して寝込んだ春希は雪菜に看病してもら...

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2013/12/26(木) 09:24:28

WHITE ALBUM2 幸せの向う側  ~ 第12話 卒業

WHITE ALBUM2 幸せの向う側 第1話  ~ 第12話 卒業 オリジナルであるパソコン版は発売当時の現代(1990年代)を舞台にしていたが、アニメ版はそれよりも過去の1986年を舞台としている(コミック版もアニメ版に準拠)。これは、本作のメインテーマである「忙しい恋人とのすれ違い」を演出する上で必要な条件を満たすためである(1986年当時は、まだ携帯電話が一般層へは普及してい...

  • From: 動画共有アニメニュース |
  • 2013/12/24(火) 07:49:32

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する