蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第12話 航路を拓く力 変革感想

  • 2013/12/24(火) 09:32:54

20131224082003.jpg
独りじゃないよ。

20131224081720.jpg
弾幕を駆け抜けて。
20131224081830.jpg
裾長ブレード!
20131224081905.jpg
溢れ出す感情の一滴。
20131224081924.jpg
助けなきゃ(使命感)
20131224081604.jpg
あ、ちょろい人や。
20131224082049.jpg
ちょろすぎて申し訳ない。
20131224081423.jpg
セクシーアングルメガネ。
20131224081540.jpg
信頼メガネ。
20131224082109.jpg
まだまだメガネおるやんけ!

絶対救済しちゃうもん!
相手の壊れそうな心を守るための戦い、いやはや実に熱かった。
戸惑い、悩み、不可解、不愉快、あらゆる初めての感情に打ちひしがれ、
押し寄せる思考回路の波に揺らぎ、流され、飲み込まれてしまったコンゴウさん。
ある意味人間以上に人間らしいというか、
彼女の葛藤こそ本作のテーマを象徴していたような気がします。
変化を否定し、それが進化につながることを認めない、臆病な頑固者。
生きる意味を見失い、死への逃避を試みるも、希望を分け与えられて。
もう、怖くないよな。寂しくないよな。
針路は意志で決めるもの、あとはまっすぐに、漕ぎ出すだけさ。

フルCG、設定改変、オリ展開。
アニメ化に際し最も忌避されるであろう三本柱、
普通なら袋叩きにされそうな要素満載でありながら、
よくぞここまで面白い作品に仕上げたもんだと素直に感服。
話の根幹さえぶれなければ、別物だろうが問題なし。
原作の魅力をちゃんと理解している自信があればこそ、
確信的にそこから分かれる道を選んだのであろう。
メンタルモデルと同じく、アニメスタッフも新たな航路を切り拓いた。
その勇気ある”舵取り”に、敬意を表したい。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第12話「航路を拓く力」

コンゴウの説得にメンタルモデルのままで向かったイオナ。 メンタルモデル同士での対決となった最終話。 人間そっちのけで、メンタルモデルたちが主人公の作品でしたね(笑)   401の行く手を塞いだ霧のアメリカ太平洋方面艦隊を一撃で吹き飛ばしたのは、 マヤを失い、感情を暴走させたコンゴウだった。 かつてマヤだったものを取り込み、麾下の軽巡洋艦たちを取り込んだコンゴウは、 自ら...

  • From: 空 と 夏 の 間 ... |
  • 2013/12/27(金) 12:03:26

蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第12話「航路を拓く力」

第12話「航路を拓く力」 マヤとナガラ型まで取り込んで最早戦艦の形すら捨ててしまったコンゴウはアメリカの霧の艦隊を一掃。 ちょ、ナガラ型使い捨てかよっ! 米霧さん、噛ませにすらならなかった・・・ コンゴウと話したいと概念伝達空間に入るイオナ。 コンゴウの心象風景は殺伐とした空間に変貌。コンゴウの孤独と拒絶を感じます。

  • From: いま、お茶いれますね |
  • 2013/12/24(火) 22:18:17

蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-  ~ 第12話 航路を拓く力  最終回

蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第1話 ~ 第12話 航路を拓く力  最終回 21世紀初頭、人類は温暖化の影響により地上での版図を大きく失った。そこへ突然、世界各地へ霧と共に謎の超兵器を搭載した第二次世界大戦時の軍艦群が出現。意思を持ち、“霧の艦隊”と呼ばれるその軍艦群に人類は敗北を喫し、制海権を失って海上に出られなくなった。17年後、士官候補生の千早群像とその仲間達は、人類...

  • From: 動画共有アニメニュース |
  • 2013/12/24(火) 10:22:20

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する