話数単位で選ぶ、2013年TVアニメ10選

  • 2013/12/30(月) 12:55:27

選んでみ、みますよ。

THE UNLIMITED 兵部京介 8 超能部隊 後編 -Generation ZERO PART II-

鎖が切れた懐中時計=父親離れ、限りなくベタな演出ながら最高に燃えた。
その後の裏切りと絶望は悲痛の一言、持ち上げて落とすのは基本。
早乙女さんが少佐を撃った理由、多分ヤンデレだと思うんですけど(名推理)

琴浦さん 第12話 伝えたい言葉(ココロ)


置き土産の不出来な玉子焼きに涙腺崩壊。
親子喧嘩もまた、かけがえのないコミュニケーションなのである。
この物語で真に救われるべきはお母さん、はっきりわかんだね。

革命機ヴァルヴレイヴ 第5話 歌う咲森学園

「国なんてやれるの!?」「楽しそう!」 「独・立! 独・立! 独・立!」
おっ(脚本家の頭)大丈夫か?大丈夫か?
文化祭でもなんでも勝手にやれよ、そんで全員死ねよ。

とある科学の超電磁砲S #9 能力追跡(AIMストーカー)

紺野直幸の本気、見たけりゃ見せてやるよ!
孤軍奮闘するビリビリがはぇ~すっごいかっこいい。
チームワークを駆使する敵がしっかり強かったからこそ、というのもある。

戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 4 あたしの帰る場所

沼田誠也の本気、見とけよ見とけよ~。
戦うためではなく自分のためにようやく歌えたクリスさんの心の解放に落涙。
アンコールはもちろんスーパー☆懺悔☆タイムですよね?(過激派)

ステラ女学院高等科C3部 Game 4 不射ノ射ヲモチ当タルベシ。

自分は世界の中心じゃない。
作品のテーマが凝縮された、超脚本と超演出ながらも実に奥深いエピソード。
思い返せばここがピークだった…(遠い目)

きんいろモザイク Episode 12 きんいろのとき

ミュージカルパートの完成度もさることながら、
ラストでついに発揮された忍さんの本気に引き込まれた。
鬼畜こけしもやるときゃやるね。

たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第11話 今年もありがとう、なので

めでたく寂しい初日の出。
分かっていても、分かっているからこそ、つらい別れ。
挿入歌のタイミングが反則すぎるんじゃ、ボロ泣きするしかないやんけ。

キルラキル 第三話 純潔

ピンチの中で覚醒する主人公、これで燃えないわけがない。
それを支えるのはライバルの強大さってはっきりわかんだね。
結論:どっちもかっこいい。

ワルキューレロマンツェ 第七話 風車の下で―Legendary Knight

やったぜ。 投稿者:変態レズ姉貴 (11月17日(日)24時30分00秒)

昨日の11月16日にあこがれの先輩(18歳)と私(原作的に一応18歳)の2人で
ヘレンズヒルにある風車の中で盛りあったぜ。
今日は雨なんで刀を懐にしまってから滅多に人が来ない所なんで、
そこでしこたま服が濡れてからやりはじめたんや。
2人で服を乾かしながら全裸になり見つけて来た縄を2本ずつ縛りあった。
しばらくしたら、ブラを持った男が訪ねて来るし、
私たちが隠れ場所を求めて小屋の中でぐるぐるしている。
先輩に隠れ場所を探させながら、私も隠れ場所を探してたら、
先に滑車が受け皿に小麦粉をドバーっと出して来た。
それと同時に先輩も私も粉を被ったんや。もう体中、粉まみれや、
2人で被った粉を手で掬いながらお互いの体にぬりあったり、
粉まみれの体を並べあって彫刻のふりをしたりした。
ああ~~たまらねえぜ。
しばらく動きを止めてから侵入者に見られるともう気が狂う程恥ずかしいんじゃ。
侵入者の手に私の胸を触らせてやると胸が指にふにふにされて気持ちが良い。
先輩も侵入者が知り合いと分かって安心して居る。
侵入者の作戦を聞きながら、思い切り粉塵爆発したんや。
それからは、もうめちゃくちゃに先輩と私の鎧を着けあい、
服を着せあい、二人とも脱出した。もう一度やりたいぜ。
やはり大勢で粉まみれになると最高やで。
こんな、変態レズと粉あそびしないか。
ああ~~早く粉まみれになろうぜ。
ヘレンズヒルであえる奴なら最高や。
私は161.8*46.8*(一応)18,先輩は168*49*18、や
粉まみれでやりたいやつ、至急、メールくれや。
生まれた姿のまま彫刻のふりして、粉だらけでやろうや。

------------------------------------------------------------

こんなとこかな。
正直最後のネタをやりたいだけで書いた、今は反省している。
案外最終回って少ないもんやね。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する