fc2ブログ

01 | 2023/02 | 03

WHITE ALBUM2 幸せの向う側 #13 届かない恋 強がり感想 

wa6.png
哀しくて、苦しくて、切なくて。
wa1.png
もうどうにも止まらない。
wa2.png
入って、どうぞ(とは言ってない)
wa3.png
雪菜は僕をいじめているのかい?
wa4.png
見たけりゃ見せてやるよ(震え声)
wa7.png
あの頃みたいに。
wa5.png
敗因は明らか。

新年一発目がこれかよ…。
めでたい気分も瞬時に吹き飛ぶ、心が痛い物語。
しかし、本当に素晴らしいストーリーでした。
ハッピーエンドだけが人生じゃない。
ドラマツルギーの何たるかを見せつけられた気分です。
言わせてもらおう、いい最終回だった。
そして、いい作品だった。

「かずさほど真剣じゃなかったよ」
心からの言葉じゃないことは確かですが、
それでも本当に色々な解釈ができるとても深い台詞。
北原さんの罪悪感を和らげようとしているのか、
それとも責めないことで逆に罪の意識を背負わせるつもりなのか、
はたまた自分が受けた傷を軽くしたかったのか。
…あるいは、その全部。
その笑顔の裏に、溢れ出しそうな感情を秘めて、隠して、包み込んで。
強くて、弱くて、優しくて、冷たくて、誠実で、卑怯で。
聖女にも悪女にもなれきれない、そんな宙ぶらりんの彼女が、とても愛しい。
小木曽さんの人知れぬ苦悩と葛藤こそ、三人の関係性を描く上での中心でした。
理屈と気持ちの狭間でせめぎ合う、近くて遠い、届かない恋。
頬を伝う一筋の涙が、ただ、切ない。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animegane1216.blog.fc2.com/tb.php/1073-80731b04

WHITE ALBUM2 幸せの向う側  ~ 第13話 届かない恋 最終回

WHITE ALBUM2 幸せの向う側 第1話  ~ 第13話 届かない恋 最終回 オリジナルであるパソコン版は発売当時の現代(1990年代)を舞台にしていたが、アニメ版はそれよりも過去の1986年を舞台としている(コミック版もアニメ版に準拠)。これは、本作のメインテーマである「忙しい恋人とのすれ違い」を演出する上で必要な条件を満たすためである(1986年当時は、まだ携帯電話が一般層...
  • [2014/01/01 11:44]
  • URL |
  • 動画共有アニメニュース |
  • TOP ▲