fc2ブログ

02 | 2024/03 | 04

今日見たアニメ二言三言感想 2023/10/8 

おしながき

・キボウノチカラ~オトナプリキュア'23~ 第1話 ミライノカタチ
・SPY×FAMILY MISSION:26 ちちとははをびこうせよ
・ティアムーン帝国物語 第1話 断頭台から始まるお姫様
・帰還者の魔法は特別です 第一話 破滅
・ラグナクリムゾン 第二話 物語の始まり
・キボウノチカラ~オトナプリキュア'23~ 第1話

20231008192624.jpg

その後のやつ。
始まるなり温暖化がどうたらポリコレくっさ、学校の先生が堂々と嘘教えんなよ。
魔女見習いの轍は踏んでほしくなかったのにどうもあの路線っぽいな、
ぶち当たる社会の厳しさはそのまま正しさに置き換えられて悪くないけど、
理不尽でも何でもなく当人たちの実力に見合った結果が返ってきただけのこと。
表向き優等生ぶった作りで放送局を欺きつつ、
絶望という名の現実を描くのが制作の狙いなら見直す。

・SPY×FAMILY MISSION:26

spyfamily2-1.jpg

尻に弾を受けてしまってな。
いや別に理由だけ伏せたら怪我したことは伝えて構わんと思うけどな、
ともあれ嫁はんの忍耐に旦那の気遣いに娘の助太刀と、
自然体では守れない家庭円満を提示したのは再開に相応しいエピソード。

・ティアムーン帝国物語 第1話

20231008192812.jpg

お嬢様がやり直すやつですわ。
ラスボス花子と何も変わらんですわ。
ゲーム設定じゃないだけですわ。

・帰還者の魔法は特別です 第一話

20231008192929.jpg

これもやり直すやつ。
過去の失敗を悔やんでる連中御用達の現実逃避コンテンツ、あっ…ふーん(察し)

ラグナクリムゾン 第二話

20231008193033.jpg

村瀬歩の女声いやーきついっす。
でもこれから組む相棒としてはなかなか面白い設定。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

Re: タイトルなし

破竹の勢いで売れてますね、それに比べてI・Kさんは…
このまま村瀬歩がヒロイン枠に収まるのだけは勘弁してほしい。

>スパイファミリー
アーニャ役の種崎さんは今作の主役と言えると思うんですけど、フリーレンとまほ嫁2期と、今期でも一二を争う注目作でも主役って凄いネ😤プライベートも充実して益々安泰ですかナ😁
>帰還者の魔法は〜
キャラデの加藤氏のクレジットを見るの今期これで3度目なんですけど、同期に3つも重なるのも珍しい気がする👍
>ラグナクリムゾン
前回あんなに無双してたみのりん勇者がいきなり弱々になってて萎えた😮‍💨

Re: タイトルなし

粗製乱造なら任せとけって感じのシルリン赤尾セット売り。
水瀬放置で村瀬のケツ追っかける展開はどうかと思いました。

なろう・ピッコマ・ガンガンの死に戻り揃い踏みは流石に草
シルリン&赤尾でこ連打も草
しかし改めて見ると知識継承のリスクはラグナのよりクリムゾンが支払ってる気がして来た
過去に干渉しておきながら自身はラグナに完全に初見として反応してるし

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animegane1216.blog.fc2.com/tb.php/11614-9f24114c

ティアムーン帝国物語 ~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~ BS11(10/07)#01新

第01話 断頭台から始まるお姫様 ティアムーン帝国の唯一の皇女ミーアは国民のクーデーターにより投獄、ギロチンで処刑される。20歳で生涯を終えるはずが、目覚めると8年前の姿だった。夢なのかと考えたが8年間、書き貯めた日記は未来から持ち込まれていた。それを読んで、処刑は事実だが、過去に転生したのだと分かる。食事では嫌いな野菜を提供したことでクビにしたシェフ。その彼の料理を上手いと思った。それも、...
  • [2023/10/10 06:01]
  • URL |
  • ぬるーくまったりと 3rd |
  • TOP ▲

SPYxFAMILY 第26話

ガーデンの仕事で負傷したヨル(CV:早見沙織)は、痛みを堪えながら帰宅します。 その姿を見たロイド(CV:江口拓也)は、自分が彼女を不機嫌にさせたと勘違いしてしまいます。 アーニャ(CV:種崎敦美)は人の心が読めるので、ヨルがお尻を銃で撃たれたことを知ってビックリし、ロイドの的外れな勘違いに呆れます。 任務のために家庭不和はご法度なので翌日、ロイドはヨルをデートに誘います。 ヨルも同...
  • [2023/10/09 19:47]
  • URL |
  • ぷち丸くんの日常日記 |
  • TOP ▲