FC2ブログ

ノブナガン 十ノ銃 DOGOO 来歴感想

  • 2014/03/12(水) 22:33:48

20140312214351.jpg
月夜の邂逅。

20140312214440.jpg
共に歩む。
20140312214525.jpg
裸見られても気にならない関係、気持ちの変化が感じ取れるいい演出。
20140312214549.jpg
老いとるー!?
20140312214614.jpg
かわいい。
20140312214653.jpg
急に踊るよー。
20140312214811.jpg
なぜここでアヘ顔?
20140312214839.jpg
当方に迎撃の用意あり。

もったいねー!
せっかく永遠の少女でいられたのに…。
でもまあ、年を重ねてこそ見えてくるものもある。
コールドスリープ続けてきたのを拒んで時間の流れの中に戻るのは、
∀ガンダムラストのディアナ様を思い出した。
あれは素晴らしいエンディングやったなぁ…感動が甦る。
たとえ永遠の命を手にしようと、人として最期を迎えたくなるのかもしれんな。
老いとは、死とは、救いである。

読み合いこそ戦の駆け引き。
偉人の魂が宿ってる設定を活かした、いい作戦やね。
生存競争に勝ち残る秘訣、それは強さではなく、知略。
力を得ても、頭の中身が進化しなければ、無意味なのだと。
方向性の重要性をさりげなく説くような、渋い脚本でした。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ノブナガン  ~  第10話  DOGOO

ノブナガン 第1話  ~ 第10話  DOGOO 時は1582年。場所は本能寺。その日、明智光秀が謀反を起こし、燃え盛る炎の中で、織田信長は絶体絶命の危機に瀕していた。その最中、信長は遮光器土偶に似た謎の生命体に遭遇する。 時は流れ、現代。台湾に修学旅行に来ていた、人づきあいの苦手なごく普通な女子高生「小椋しお」。 突如、出現した謎の巨大怪獣「進化侵略体」に、襲撃を受けるが、...

  • From: 動画共有アニメニュース |
  • 2014/03/13(木) 04:38:34

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する