のうりん 第11限 あかるいのうそん 光と影感想

  • 2014/03/24(月) 10:23:57

nourin101.png
夢の跡。

nourin97.png
早く帰ってこーい!
nourin98.png
これマジ?まつらいさんが黙ってないだろ…
nourin99.png
背景美術の本気。
nourin100.png
すげーな、この子は。
nourin102.png
墓標のごとく。
nourin103.png
知る者と知らぬ者を隔てる一線。
nourin104.png
妹を急かしといて、姉ちゃんの方はどないやねん。
nourin105.png
宇宙一かわいい(確信)

リアルのんのんびよりきたこれ!
本当に容赦ないなこのアニメ、こういうのを見たかったんよ。
実際田舎に行くほど後継ぎ探しは深刻切実な問題で、
下心こそあれどざーさんにプレッシャーかかってたのは事実だろうし、
どうにかして限界集落化を食い止めようとするサトリナの気持ちも分かる。
けど、それも身から出た錆じゃねーの?という、ゆかりんの核心を突いた一言。
いやまあ、脚本が彼女の台詞を借りてそう言わせてるだけやねんけどさ。
だとしても、これ以上ないほど的確に田舎の本質を表してると思う。
保守的、閉鎖的、無言の圧力、弱い者いじめ、負の側面を挙げればきりがない。
しかし…そうなった、そうならざるを得なかった、
原因の一端は外部にもあるんじゃねーの?という、視点の抜かりなさ。
いざ農業を始めてもすぐにあきらめて村を離れる連中は、
何も嫌がらせを受けて追い出された被害者ばかりでもなかろうし、
ぬか喜びを繰り返すうちに地元民の心が冷えていったのは想像に難くない。
それに加えて、効率一辺倒でバランスを欠いた国の政策。
機能を集約するあまり、人口も都心部に一極集中し、その結果…。
とまあ、田舎は終わってるけど周りも大概だよな、という話。
そんなわけで、辺境に変な幻想を抱くのはやめて差し上げろ。
逃げ場所がほしいなら、ゆかたん王国にでも迎えてもらえ。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

のうりん  ~ 第11話 あかるいのうそん

のうりん 第1話 ~ 第11話 あかるいのうそん 属する畑耕作(はた こうさく)は、アイドルの草壁ゆか(くさかべ ゆか)に熱を上げるちょっぴりアイドルオタク。同じく2年A組の栽培専攻に所属する世話焼き幼馴染・中沢農(なかざわ みのり)、頼れる親友のメガネ美少年・過真鳥継(かまとり けい)、同じく2年A組だが畜産専攻の巨乳少女・良田胡蝶(よしだ こちょう)らとともに、明日の日本農業を...

  • From: 動画共有アニメニュース |
  • 2014/03/24(月) 10:47:34

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する