ノラガミ 第12話 一片(ひとひら)の記憶 ファイナルパンツ感想

  • 2014/03/25(火) 21:55:11

20140325195917.jpg
消えない思い出。

20140325195816.jpg
持ち主の手を離れる刀、小僧自身の意志が強調されたいい演出。
20140325195817.jpg
静かにキレるヤトさん、「黙れ」の一言がかっこよすぎた。
20140325195835.jpg
ヤンホモのくせに櫻井補正でかっこよく感じる不思議。
20140325200715.jpg
めでたく復縁。

まーた赤尾でこのクッソ適当な脚本が炸裂してしまったなというか、
ひよりさんの記憶回復がどうにもご都合で安っぽかったんだが、
まあこれまで築いてきた関係性の深さなのかなぁ、
そう簡単に断たれるような縁ではなかったのかなぁ、
結びつきは途切れてなかったのだと思えばそれなりに感慨深くて。
側にいることを望む気持ちこそ、何よりも強き絆の源なのだと。
たとえ偶然の出会いだったとしても、そこからつながっていくのが人と人なのだと。
改めて、誰かと共にいる幸せのありがたみを実感しました。

そして言わずもがな、あれがよかった。
言わずもがなでも言わせてもらおう、ひよりさんのパンツが素晴らしかった。
いやもうタイミングからしてあれでしょ、
記憶の復活=パンツの復活=ひよりさんの復活でしょでしょ。
いやまあほんまにええ子やし、パンツだけがレゾンデートルでもないけどさ。
それでもやっぱり、うれしいもんはうれしいのさ。
心からありがとう、僕たちは決して忘れない。
君の優しさと、君の強さと、君のパンツを、忘れない。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ノラガミ 第12話「一片(ひとひら)の記憶」

第12話「一片(ひとひら)の記憶」 ひよりの記憶を取り戻すためにラボウの待つ空間へ飛んだ夜トと雪音。 ひよりまでついて来ちゃった! 戦いは夜トと斬り合いたい一心のラボウの方が優勢。 ラボウの放った水球に閉じ込められた夜トを救い出してくれたひより。 ラボウは夜トがひよりに見せる腑抜けた顔(あくまで個人的な感想です)が気に入らない。

  • From: いま、お茶いれますね |
  • 2014/03/26(水) 07:35:08

ノラガミ 12話「一片(ひとひら)の記憶」[終]

評価 ★ まったく、中学生は最高だぜ!

  • From: パンがなければイナゴを食べればいいじゃない |
  • 2014/03/26(水) 06:28:52

ノラガミ ~  第12話 一片(ひとひら)の記憶

ノラガミ 第1話 ~ 第12話 一片(ひとひら)の記憶 黒いジャージにスカーフ姿の“夜ト”は、祀られる社の一つもない貧乏でマイナーな神様。自分の社を築くべく、自分の携帯番号を街なかやトイレの壁に書き込み、賽銭〈5円〉で人助けをする、自称“デリバリーゴッド”である。良家の令嬢・壱岐ひよりは、交通事故に遭いそうになった夜トを助けようとして、代わりに自分が交通事故に巻き込まれてしまう。それ...

  • From: 動画共有アニメニュース |
  • 2014/03/26(水) 05:01:17

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する