ウィッチクラフトワークス 第12話 多華宮君とウィークエンド・後編 運命の人感想

  • 2014/03/27(木) 22:17:33

20140327205819.jpg
根性あるんだかないんだか。

20140327205550.jpg
裾持ち上げてんのが死ぬほどかわいかった。
20140327205703.jpg
崩れ落ちる瞬間の乳揺れ作画が素晴らしかった。
20140327205724.jpg
人の強さ。
20140327205802.jpg
それが守ったもの。
20140327205852.jpg
そして、
20140327205906.jpg
また、
20140327210349.jpg
日常へ。

命を差し出せば街を救えるんですね?
おう、考えてやるよ(本当に救われた)
しかし彼の命には、彼女の命が懸かっていた。
もはやすでに、自分一人の命ではなかった。
それでも、差し出す。
一人で、二人分を、差し出す。
そこに、真の信頼を見た。

いや普通同意を求めるもんでしょ。
だって、勝手に決めるには、重すぎるから。
承認を得ることで、相手のせいにして、責任回避したいから。
だが、彼はそうしなかった。
まあ、相談できない状況ではあったけど。
その決断は、命運を絶つ覚悟。
共に生きるのではなく、共に召される覚悟。
それはきっと、愛を誓う言葉なんかより、ずっと重みがあって。
死が二人を分かつまで、どころか。
死すら分け合う二人には、もはや誓約すら必要なくて。
文字通り、永遠の絆で結ばれたのだと。
ご都合復活はともかく、そんな二人の関係を、純粋にすごいなと思いました。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウィッチクラフトワークス ~   第12話 多華宮君とウィークエンド・後編

ウィッチクラフトワークス 第1話 ~   第12話 多華宮君とウィークエンド・後編 ごく普通の高校生・多華宮仄は掃除中ゴミ箱に捨てられたぬいぐるみを見つける。そのぬいぐるみに書かれていた「晴れ 時々 校舎が降るでしょう」の文字通り頭上に校舎が降り注がんとしていた時、彼はクラスメイトであり、また強力な炎の魔女である火々里 綾火に助けられる。この彼女との出会いをきっかけに、多華宮...

  • From: 動画共有アニメニュース |
  • 2014/03/28(金) 04:39:30

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する