FC2ブログ

一週間フレンズ。 第3話 友達の友達。 俯瞰感想

  • 2014/04/22(火) 22:34:04

20140422212957.jpg20140422212934.jpg
互いに、受け入れがたく。

20140422212827.jpg
ハルナちゃんかな?
20140422212902.jpg
爆発せよ。
20140422213023.jpg
心の壁。
20140422213053.jpg
落ちろ!
20140422213134.jpg
落ちたな(確信)

物語的には新たなる理解者の登場…なのだが、
作劇的には新たなる視点の追加という意味合いが大きく、
二人だけの主観による自己完結に陥りかけていた状況を一変させる、
冷静に客観的意見を投げかけてくる存在は非常に貴重。
これで単に優しいだけの話ではなくなったし、
実際彼の指摘はかなり的を射ていたと思う。
自己申告の、しかも人づて、その一体どこをどう信じろと。
口をつぐむのも心を開かないのも勝手だが、
それなら周りにどう思われてもしゃーなしだな。

彼女とて、悲劇のヒロインを気取るつもりはないのだろう。
さりとて、相手に理解される努力を放棄しているならば。
ましてや、相手を理解しようとする気持ちがなければ。
現状が好転することは、永遠にあり得ない。
結局、一番の問題は、本人にあるんじゃないの?
本人が解決すべきことだし、本人にしか解決できないことじゃないの?
おそらく作中解であろうそんな細ヤングの正論がかっこよく、
それを受けて勇気ある一歩を踏み込んだ藤宮さんの頑張りも感動的で、
傷つきながら少しずつ前進する姿に胸を打たれるいい話でした。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一週間フレンズ。  ~ 第3話 友達の友達。

一週間フレンズ。 第1話 ~ 第3話 友達の友達。 高校二年生の長谷祐樹は、普段から人と関わろうとせず、いつもひとりでいるクラスメイト、藤宮香織と友達になりたいと思い、彼女に話しかける。だが、彼女は「私、友達の記憶…一週間で消えちゃうの…」とそれを拒む。 少年との思い出を失い続ける少女と、その思い出をひとつひとつ紡ぎあげていく少年― たくさんの“切なさ”と“ひたむきさ”が詰ま...

  • From: 動画共有アニメニュース |
  • 2014/04/23(水) 04:28:46

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する