fc2ブログ

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 第6話 いざ、温泉街へ 留守番感想

  • 2014/05/16(金) 19:01:39

20140516082839.jpg
地縛という呪縛。

20140516082759.jpg
右で。
20140516083053.jpg
強いられてんの?
20140516083122.jpg
坂道さんっぽくも見える。
20140516082903.jpg
いい性格してんなぁ、気に入った。
20140516083033.jpg
そんぐらいで?(更なる高みへ)
20140516083007.jpg
俺がいちばんセクシー。

この手のサービス回としては肩透かしもいいとこですが、
まあそういうもんを求めるような作品でもあるまいし、
ノイタミナの品位を損ねるようなことがあってもいけないし、
まあでもせめて能登のNYは見たかったなーと本音だけは書き残しつつ、
今回の話における最重要ポイントは置いてけぼりなななさんだったと思います。

部屋から一歩も出られない代わりに生活は保障される、
そんな状況をたまに通勤途中とかに妄想シミュレーションするんですが、
生命&社会活動の必要性から解き放たれたなななさんはまさにその状態であり、
まあ確かに気楽ではあるんでしょうけど、
少なくとも極楽ではないだろうなとは想像できます。
どこへも行けないということは、どこにも進めないということ。
誰かを追えないということは、誰かを待つしかないということ。
それを、自由と呼べるのだろうか。
それを、幸せと言えるのだろうか。
疲れるし、時間かかるし、何より帰らなきゃいけない。
それでも、二本の足で好きな場所へ向かうのは、こんなにも、楽しい。
人生にはやっぱり、目指すものが必要なのだなと、実感した次第。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 第6話「いざ、温泉街へ」感想

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 第6話「いざ、温泉街へ」感想   ご注文はうなじですか?

  • From: かて日記-あにめな生活- |
  • 2014/05/17(土) 18:03:25

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 第6話 「いざ、温泉街へ」  

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 1(完全生産限定版) [Blu-ray](2014/06/25)田辺留依、小野友樹 他商品詳細を見る 温泉に行くと夢路百合香が旅館に居るね。 これは、茨夕が嫉妬するのも無理はない。 そして、不義雪姫が泊りに来ている。 なんでやねん。 そんな不義雪姫を壱級天災は、しっかりマーク。 納得いかないのは、星埜ダルクが女性部屋に...

  • From: 北十字星 Northern Cross |
  • 2014/05/17(土) 11:20:38

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 第6話「いざ、温泉街へ」 キャプ付感想

待望の温泉回(?) 一番サービスしたのが男の娘メイドだった事実(笑) 天災の名推理もありますw   温泉街へやってきた冒険部一同。 旅館に到着した重護たちは、廊下で友人と一緒に投宿していた雪姫と出会うが完全に無視されてしまう。 夜、一心はあたりをつけていた洋館の見取り図を取り出す。 それを見た天災は《遺跡》が存在する部屋を指し示す。 翌朝、集合時刻になっても一心たちが...

  • From: 空 と 夏 の 間 ... |
  • 2014/05/16(金) 21:52:27

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 第6話「いざ、温泉街へ」

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金の第6話を見ました。 第6話 いざ、温泉街へ 温泉街へやってきた重護達冒険部は日々の疲れを癒し温泉と食事を満喫したその夜、一心は《遺跡》とおぼしき洋館の見取り図を皆の前に取り出す。 「ここから近いっすね」 「ここを遺跡と判断した理由は何だ?」 「所有者が実在しない人物なんだ。人が出入りしている形跡もない」 見取り図から2階にあるのに1階に柱のな...

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2014/05/16(金) 21:24:11

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金  ~ 第6話 いざ、温泉街へ

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 第1話  ~ 第6話 いざ、温泉街へ 八真重護は、父親に勘当されて人工学園島《七重島》を訪れたことに伴い、安アパートを借りることにした。そのアパートには、そこで殺された少女の地縛霊・龍ヶ嬢七々々が住み着いていた。そして、七々々が生前隠した《七々々コレクション》には、不思議な力が宿っていた。 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ

  • From: 動画共有アニメニュース |
  • 2014/05/16(金) 19:57:12

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する