悪魔のリドル 第十二問 故に、世界は□□に満ちている 卒業感想

  • 2014/06/20(金) 07:00:05

20140620060936.jpg
生きてこそ。

20140620055939.jpg
多分弱い方が本物だと思うんですけど(名推理)
20140620060006.jpg
貴重な膝裏になんてことしやがる。
20140620060124.jpg
落ちろ!
20140620060138.jpg
落ちたな(確信)
20140620060244.jpg
鳰ちゃんが無事で何よりです。
20140620060320.jpg
やったぜ。
20140620060339.jpg
やったぜ。
20140620060405.jpg
やったぜ。
20140620060512.jpg
やったぜ。
20140620060538.jpg
やったぜ。
20140620060650.jpg
やったぜ。
20140620060711.jpg
やったぜ。
20140620060811.jpg
やったぜ。
20140620060428.jpg
成し遂げたぜ。
20140620060739.jpg
生 涯 無 敗
20140620061009.jpg
黒組は幸せなユニットを結成して終了。

裁定者(暗殺者じゃないとは言ってない)
兎角さん疑ってごめんよー。
そうだよね、勝てない戦いに臨むほどアホの子でもないよね。
まあ分かりやすく「己の心との勝負」という演出であり、
血に縛られた暗殺者としての自分との最終決着であり、
”東”兎角の物語はここで幕を閉じたのだと思います。
晴ちゃんが殺しても死なないのは周知の事実だし、
この両者生存ルートを導いてくれた鳰ちゃんに感謝しつつ、
これは卒業後即結婚コースですね…たまげたなぁ。

暗殺教室(成功したとは言ってない)
見事なまでに劣等生ばかりが寄せ集められたクラスでしたが、
それぞれに稼業としてその道を選ばざるを得なかった理由があり、
敗北を経てまた新たなそれぞれの道を歩み始めるという、
言うなればこれまでの人生からの”卒業”なのであり、
少なくともそれを学んだだけでもこの教室に身を置いた価値はあった。
運命がそれを許さなくても、その中で生き方を決めるのは、自分自身。
世界の広さを知るために、巣立ちの時。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【アニメ】悪魔のリドル 感想 第12話「故に、世界は□□に満ちている」

黒組勝者となったのは、晴ちゃん&兎角!! ・・・のはずが、事態は思わぬ方向へ。 全ての想いと命を賭けた最後の戦いが始まります。 物語を締めくくる最終話となる第12話の感想になります! (注意事項) ・基本女性キャラにハアハアする感想になります。 ・原作?の知識も事前情報も何も無いので、解説等はできません。 ・その話...

  • From: 今日から明日へ(仮) |
  • 2014/06/22(日) 21:29:01

悪魔のリドル 第十二問「故に、世界は□□に満ちている」[終]

評価 ★★★☆ やめてよね。 本気で喧嘩したら、兎角が晴に敵うはずないでしょ?             

  • From: パンがなければイナゴを食べればいいじゃない |
  • 2014/06/21(土) 04:12:29

悪魔のリドル ~ 第12話 故に、世界は□□に満ちている

悪魔のリドル 第1話 ~ 第12話 故に、世界は□□に満ちている ミョウジョウ学園に存在する、特別な時期にしか開講されないクラス10年黒組。そこには1人の女子高生を暗殺するため12人の女子高生暗殺者が刺客として集められた。暗殺者としてミョウジョウ学園10年黒組に編入した東兎角は、暗殺対象と思われる女子高生・一ノ瀬晴に心を惹かれ、ただひとりの守護者として晴を守り11人の暗殺者達と対峙...

  • From: 動画共有アニメニュース |
  • 2014/06/20(金) 07:12:44

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する