アルドノア・ゼロ EP08 “鳥を見た日”―Then and Now― 頑固感想

  • 2014/08/24(日) 12:03:10

ald34.png
ンアッー!

ald35.png
こんだけやっといて、
ald36.png
これですよ。

拷問なっげー!
気づくのおっせー!!
そんでもって退場はっえー!!!
なんかもうコントかよってくらい茶番じみた一連のやり取り、
しかしこれまた作品のテーマが凝縮された話だったと感心している。
お互いの状況と心理を想像したら、こうなるのはむしろ必然。
姫様のために(首謀者と目されるクルーテオ卿には)口を割れない、
火星のために(スパイと目されるスレインさんから)真実を聞き出したい。
とにかく、目の前の相手を信用できない。
それぞれに譲れないものがあるから、解り合うことはこんなにも難しい。
展開の都合優先で思考回路がショートしたような脚本の横行する中、
まどろっこしいながらも心の動きをしっかり考えて書かれたストーリー。
やっぱりさ、物語の前に、人間を描かなきゃね。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アルドノア・ゼロ   ~ 第8話  鳥を見た日 -Then and Now-

アルドノア・ゼロ 第1話  ~ 第8話  鳥を見た日 -Then and Now- 1972年、アポロ計画の最中に月で地球と火星を繋ぐ古代文明の遺産「ハイパーゲート」が発見された。地球はレイレガリア博士を中心とする調査団を火星に派遣。人類にとっての新天地、火星への進出がその後の長き戦乱の始まりとなることをこの時は誰も知る由がなかった。火星が開拓されていくにつれて徐々に火星開拓民...

  • From: 動画共有アニメニュース |
  • 2014/08/24(日) 12:12:44

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する