精霊使いの剣舞 第7話 鉱山都市の戦い 平たい胸族感想

  • 2014/08/26(火) 21:02:21

20140826195917.jpg
悲しいなぁ…(諸行無常)

20140826200001.jpg
人の夢と書いて儚いなぁ…
20140826195819.jpg
はかないというか…
20140826195933.jpg
はいてるけどね。

まずはお詫びと訂正から。
おっぱい押しつけてくる人はひよっちじゃなかったですセンセンシャル!
なので前回の感想はなかったことにしてください。
丸ごとポシャらせたいとこですが、めんどいのでそのままにしときます。
事実誤認があっては、ネタもネタとして成立せんなぁ。
ひよっちにも読んでくれた人にも重ね重ねセンセンシャル!
何でもするつもりはさらさらありませんが、許してたもれ。

それでは気を取り直して、本編は…えーと、ひゃんの人が貧乳でしたね。
識者によれば何やっけ、気にしてるのがいいんやっけ、確かにそうかもなー。
いつもはあーハイハイテンプレ乙としか思わんけど、
今回はちょっとだけかわいいかもとか思わなくもなくもなくってよ。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

精霊使いの剣舞(ブレイドダンス)  ~  第7話 鉱山都市の戦い

精霊使いの剣舞(ブレイドダンス)  第1話  ~ 第7話 鉱山都市の戦い 旅の少年のカゼハヤ・カミトは、旧知であるグレイワース・シェルマイスに呼ばれてアレイシア精霊学院に向かう途中、学院の生徒である少女クレア・ルージュの水浴びを偶然にも覗いてしまい、更に彼女が契約しようとしていた封印精霊と契約してしまう。 カミトは本来は清らかな乙女しかなることができないはずの、この世界ではあり...

  • From: 動画共有アニメニュース |
  • 2014/08/27(水) 04:24:39

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する