アルスラーン戦記 第九章 仮面の下 障壁感想

  • 2015/05/31(日) 18:29:21

20150531173406.jpg
あれから三年。

20150531173318.jpg
美少女を巡る争い。
20150531173212.jpg
作画低調につき、王妃のおっぱいで妥協の巻。

焚書…か。
ボダン大司教がハジケリストなのは今に始まったことじゃないし、
信徒であるエトワールさんの言い分も大概だったが、
宗教ってな元来そういうもんなわけでして。
何かを熱烈に信じるということは、他の何をも信じないということ。
そう、誰かさんがメガネ以外を認めないように!
キャストオフを堕天呼ばわりするように!
コなんとかを呪いのアイテムと蔑むように!
うわーこいつらのこと悪く言えねー!
そんな資格、MHさんにあるわけねー!
人の振り見て何とやら、とても身につまされる話でした。
でもまあコンタク党は普通に皆殺しやけどね(狂信)

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アルスラーン戦記   ~ 第9話 仮面の下

アルスラーン戦記  第1話 ~ 第9話 仮面の下 大陸公路の中心で栄華を極めた国家、パルス王国。14歳になった王太子アルスラーンは、侵略してきたルシタニアとの戦争で初陣を飾る。しかし、不可解な霧の発生やパルス万騎長カーラーンの裏切りに遭い、パルス軍は総崩れし、多くの万騎長が戦死。アルスラーンは、アルスラーン個人に忠誠を誓う最強の武将ダリューンと共に落ちのび、政戦両略に長ける知略家ナ...

  • From: 動画共有アニメニュース |
  • 2015/05/31(日) 18:36:36

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する