昭和元禄落語心中 第四話 夫婦感想

  • 2016/01/30(土) 07:14:41

20160130062723.jpg
糟糠の妻。

20160130062929.jpg
ノンケやめろ(義憤)

山ちゃんの落語一本丸々タダで楽しめるって相当贅沢だよなぁこのアニメ。
まあそれはともかく、まーたボンの嫁度が一段階上がってしまったな。
夢追う旦那の家計支えてはりますわ、これは正妻ですわ。
そんな厳しい生活ながら幸せそうな同棲時代、
しかし兄弟子が惚れてる芸者からのお誘いを隠さず伝えるあたり、
芸事での劣等感を女で晴らすかのような心情が切なくもあり。
…単に妬いてほしいだけって線もありますが。
姐さんをいやらしい目で見ないのはホモだから当然だし、
姐さんに押し倒されても拒絶するのはホモだから当然だし、
けどそんなホモ特有の貞操観念が仇となって、
結局山ちゃんの嫁に収まるのは彼女ってことなんかな。
あーでも画伯が実は石田との子…だったりしたらおもろいのにな。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昭和元禄落語心中 第4話

二つ目となった菊比古(CV:石田彰)と初太郎(CV:山寺宏一)は、師匠の家を出て貧乏暮らしを始めます。 菊比古は、カフェで食いぶちを稼いでいました。 一方の初太郎は、助六を襲名してから休む暇もないくらい忙しいみたいです。 臆せずに笑いを取りに行く助六に、菊比古は感心するばかりでした。 なかなか調子の上がらない菊比古のために、師匠がみよ吉(CV:林原めぐみ)という芸者を...

  • From: ぷち丸くんの日常日記 |
  • 2016/01/30(土) 16:49:21

昭和元禄落語心中 TBS(1/29)#04

第四話 二つ目となって独立した菊比古と初太郎。芸の肥やしと遊びに夢中な初太郎。一人で生計を立てる菊比古はカフェでも働いていた。身なりも洋服を着こなしている。一方の初太郎は助六を襲名して絶好調だった。金を貰えば飲んで遊んでしまう。そんな二人が一緒に暮らしていた。 助六は貪欲に落語を覚えていくが菊比古は稽古もままならない。貧乏性が身について働くことに必死だった。師匠に稽古をつけてもらう菊比古。稽...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2016/01/30(土) 13:32:48

昭和元禄落語心中  ~ 第4話

昭和元禄落語心中  第1話 ~ 第4話 前座・二つ目時代は与太郎(よたろう)。通称「与太(ヨタ)」。真打昇進と同時に3代目助六を襲名。 主人公の元チンピラ。本名は強次(きょうじ)。刑務所で服役中に聴いた8代目八雲の死神に感動し、「出所後の行くべき所」と決め8代目八雲に弟子入りを志願する。天涯孤独で、本来なら模範囚として仮出所も認められたはずだが、引取り人がいなかったために刑期満了...

  • From: 動画共有アニメニュース |
  • 2016/01/30(土) 11:19:26

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する