シュヴァルツェスマーケン #04 石頭メガネ感想

  • 2016/02/03(水) 06:50:59

20160203062611.jpg20160203062702.jpg20160203062722.jpg
                 【朗報】メガネ無事。

よし!今週もメガネが生き残ったな!
さすがメガネ、新入りにまったく気を許してないぜ。
それに比べて他の連中はどうよ、すっかりメロメロかよ。
少しは緊張感持てよ、それでも軍人かよ。
自称妹に懐疑的なのはどうやらメガネだけのようだが、
真実に近づくということはつまりそれだけ危険に近づくということで、
知ってしまったからには生かしておけんパティーン入りました?
やっぱり死亡フラグじゃないか(絶望)
その後の戦闘で一人だけ醜態晒すしよー、
メガネが無能の象徴みたいな演出やめてくださいよー。
ここで退場してもおかしくないような空気だったので、
死ななかっただけでもありがたいのかもだけど、
ポンコツ扱いを受けるメガネは見てて悲しいなぁ。
国家に忠義が厚いだけだよ、アホの子じゃないよ、多分。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シュヴァルツェスマーケン テレ東(1/31)#04

第4話 666中隊に東欧から補充衛士が到着する。リーズ・ホーエンシュタインはテオドールが探していた妹だった。母親の親戚、ホーエンシュタイン家に引き取られたテオドール。リーズは義理の妹だった。この時期に送られてきたので部隊ではシュタージのスパイだと 疑われていた。真意を探るのがテオドールの任務の一つになる。 カティアも疑ってテオドールを待っていた。彼女の真意は理解できる、自らスパイの見極めを ...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2016/02/03(水) 12:54:07

シュヴァルツェスマーケン    ~ 第4話

シュヴァルツェスマーケン  第1話  ~ 第4話 2001年から18年前…1983年のヨーロッパ。ミンスクハイヴにより、東側から押し寄せる膨大な数のBETA群に対し、ヨーロッパ諸国はドイツ民主共和国(通称、東ドイツ)を盾としてBETAの侵攻を押しとどめ、その間に海外への疎開を進めていた。 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ

  • From: 動画共有アニメニュース |
  • 2016/02/03(水) 07:07:47

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する