プリパラ 2nd season #83 ペルサイユのくるくるちゃんダヴィンチ! 人望感想

  • 2016/02/15(月) 21:12:15

20160215195036.jpg
もう誰も信じない。

20160215195012.jpg
楽しかったあの頃。
20160215195053.jpg
本当の優しさも、
20160215195112.jpg
届くことなく。

使用人も友達もクズすぎィ!
こんな目に遭ったら、誰でも人間不信待ったなし。
一番問題なのは、こいつらにまるで悪意の自覚がないこと。
相手の懐具合によって態度変えんのが当然だと思ってること。
妙なリアリティがあって、余計にゾッとする。
現実の厳しさを幼女先輩方に叩き込むプリパラは教育アニメの鑑。
そこへ打算とは無縁のあじみさんが手を差し伸べる展開は感動の一言、
頭おかしいようでいて人の心はちゃんと理解しとんのよ、
接し方はともかく先生としての資質はこの頃からすでにあったんやねぇ。
陽性の稲垣隆行コンテと相まって、彼女の明るさに救われた。
まあそれがくるくるちゃんをもっと追い詰める結果になるのだが、
まあこっちも悪意は全然ないんで許してたもれ。
それが厄介?ごもっとも。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プリパラ 第83話 「ペルサイユのくるくるちゃんダヴィンチ!」 感想

語られたひびきの過去と、辿り着くべき真実の言葉。

  • From: Little Colors |
  • 2016/02/16(火) 22:32:53

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する