昭和元禄落語心中 第七話 伸び盛り感想

  • 2016/02/20(土) 07:32:41

20160220063030.jpg
みよ吉冷えてるかー?

20160220063043.jpg
バッチェ冷えてますよ。
20160220063117.jpg
ホモに負けて血の涙。

なんだこのホモアニメ!?(7週連続7回目)
話の枕にホモ枕、もう驚きゃしないよって頃合いになってもまだ驚いちまう。
みよ吉、いい加減ボンを追っかけるのはよしときな。
これ以上は自分が傷つくだけさね。
どうあがいても女の割り込む隙なし、女が勝てる見込みなし。
そんでホモの居ぬ間に何とやら、残ったこちらとできちまうわけかい。
まあノンケ同士せいぜいしっぽりやってくんな。
じゃなきゃ画伯生まれてこられないし。
いやしかし、菊さんお客にも師匠にも認められてよかったねぇ。
巡業のお誘い、ついに落語で兄弟子を見返してやれたなぁ。
劣等感も嫉妬心も大いに結構、そのおかげでここまで上ってきた。
仕事の原動力なんて、そんなもんでいいんだよ。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昭和元禄落語心中 TBS(2/18)#07

第七話 連日、高座に上がる助六と菊比古。今や二人は売れっ子でラジオでも放送される。助六は出番に遅れたり、大ネタを演じたりと師匠たちからは 注意されどおしだった。そんな助六の尻拭いをする菊比古。はては着物選びまで付き合うのだった。 自分の落語を見つけてからは落語が好きで堪らない。みよ吉と会っても上の空で忙しい。そんな相手にされないみよ吉は詰まらない。毎日が高座と稽古の菊比古、早く真打ちになって...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2016/02/20(土) 13:51:35

昭和元禄落語心中  ~ 第7話

昭和元禄落語心中  第1話 ~ 第7話 前座・二つ目時代は与太郎(よたろう)。通称「与太(ヨタ)」。真打昇進と同時に3代目助六を襲名。 主人公の元チンピラ。本名は強次(きょうじ)。刑務所で服役中に聴いた8代目八雲の死神に感動し、「出所後の行くべき所」と決め8代目八雲に弟子入りを志願する。天涯孤独で、本来なら模範囚として仮出所も認められたはずだが、引取り人がいなかったために刑期満了...

  • From: 動画共有アニメニュース |
  • 2016/02/20(土) 10:22:02

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する