昭和元禄落語心中 第八話 別離感想

  • 2016/02/27(土) 08:31:48

20160227063351.jpg
置いてかないで。

20160227063420.jpg
追っていけずに。

ありゃ、みよ吉って性悪女じゃなかったの?
顔目当てでも金目当てでもなくて、ただ寂しいだけの女だったのか。
まあ女の過去語りを真に受けんのもアレだが、
一応この場は本音だったと受け取っておこう。
でも菊さんがショック受けてんのは女ごときに男取られたことに対してですけどね。
あの場は山ちゃんの方に言い訳してほしかったんだよ、察しろよ。
そこらへん勘違いしないように。
そんなわけで、どんなわけや、仕事と恋愛、よくある二択。
けど彼の場合、手放したのは、好きな女と、好きだった落語。
夢より現実、憧れた芸風より向いてる芸風、
選ぶのは、捨てるのは、つらかっただろう。
岐路を経て、辿り着いた、一本の道。
通れる幅は、やっと一人分。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昭和元禄落語心中 TBS(2/26)#08

第八話 師匠八雲との地方巡業は好評の菊比古。もう真打ちも間近、頭を悩ませる頭痛の種は助六。師匠連中からの評判はすこぶる悪い。容姿、態度から何もかもが問題だが、寄席で一番受けている。 高座帰りに、みよ吉と出会う助六。高座に菊比古が登らない、地方巡業に出掛けたことを 知らされていなかった。愚痴を聞くからと酒をねだる助六。落語は嫌い、菊比古の落語姿は綺麗だから好き。優しい男より、連れなくされて蔑ろ...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2016/02/27(土) 20:07:10

昭和元禄落語心中  ~ 第8話

昭和元禄落語心中  第1話 ~ 第8話 前座・二つ目時代は与太郎(よたろう)。通称「与太(ヨタ)」。真打昇進と同時に3代目助六を襲名。 主人公の元チンピラ。本名は強次(きょうじ)。刑務所で服役中に聴いた8代目八雲の死神に感動し、「出所後の行くべき所」と決め8代目八雲に弟子入りを志願する。天涯孤独で、本来なら模範囚として仮出所も認められたはずだが、引取り人がいなかったために刑期満了...

  • From: 動画共有アニメニュース |
  • 2016/02/27(土) 11:07:42

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する