昭和元禄落語心中 第十一話 懇願感想

  • 2016/03/19(土) 07:35:40

20160319063213.jpg
ああ逃れられない(カルマ)

20160319063110.jpg
ホモアニメの女の子かわいい説。

怖っ!
ホモの執念怖っ!
こんな田舎くんだりまで追ってきた。
娘を人質に復帰を促した。
落語を口実に復縁を迫った。
焦がれた男の復活を、心から願った。
完全に後妻の様相なんだが、そして正妻の貫禄なんだが、
それにしてもよくできた人情噺みてぇにジーンとさせやがる。
性別とか抜きにして、心底惚れてんだよなぁ。
目指した理想は違っても、別の道を進んでも、根っこの部分でつながってる。
互いに必要なんだよ、求め合ってんだよ、この二人は。
みよ吉は出て行ったようで、身を引いたんだよ。
女が割り込める世界じゃないって、子供だけ残して。
散髪事案も親代わりの儀、お前がママになるんだよってこのことよ。
セッション落語がもろに仲直りセクロスの暗喩だった、幼女の前でおよしなさいよ。
子は鎹(意味深)

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昭和元禄落語心中 TBS(3/18)#11

第十一話 小夏に蕎麦を食べさせて助六の居所を尋ねる菊比古。しかし教えないので、代金は別だと言う。蕎麦屋の女中が落語好きで菊比古を知っていた。落語家と聞いて態度が変わる小夏。 ようやく自宅に案内されると眠っていた。大声で助六を叱りつける菊比古。大喜びで出迎える。母親が助六に落語を禁止していた。他の仕事には就かない助六。みよ吉はホステスのような仕事だが、男と一緒に出かけて 帰ってこない時もある。...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2016/03/20(日) 12:13:17

昭和元禄落語心中 第十一話

評価 ★★ これは愛の告白            

  • From: パンがなければイナゴを食べればいいじゃない |
  • 2016/03/19(土) 22:10:01

昭和元禄落語心中  ~ 第11話

昭和元禄落語心中  第1話 ~ 第11話 前座・二つ目時代は与太郎(よたろう)。通称「与太(ヨタ)」。真打昇進と同時に3代目助六を襲名。 主人公の元チンピラ。本名は強次(きょうじ)。刑務所で服役中に聴いた8代目八雲の死神に感動し、「出所後の行くべき所」と決め8代目八雲に弟子入りを志願する。天涯孤独で、本来なら模範囚として仮出所も認められたはずだが、引取り人がいなかったために刑期満...

  • From: 動画共有アニメニュース |
  • 2016/03/19(土) 09:53:42

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する