機動戦士ガンダムUC RE:0096 第2話 最初の血 承認感想

  • 2016/04/10(日) 19:55:29

20160410120211.jpg
君のレゾンデートル。

20160410120236.jpg
メシの顔しやがって。
20160410120306.jpg
負けの顔しやがって。

少年は理由を求めた。
彼女に必要とされたかった。
自分がここにいる意味を与えてほしかった。
子供じみた懇願を拒否されつまみ出される無力感、
そんな騎士気取りの限界を厳しく提示しておいて、
だからこそその身に資格の宿るラストが感動的なのに、
まーたぶつ切りかよいい加減にしてくれよ。
TVシリーズをやるなら、もうちょっとそれらしい構成に…なぁ?
時刻表示よりこっちの方が問題かもしれん。
財団Bに陳情しても、それこそ門前払いか?
枠の穴埋め企画でしかないってんなら、悲しいなぁ。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第2話「最初の血」

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096の第2話を見ました。 第2話 最初の血 「会いたい人って、誰なの?カタツムリ……コロニービルダーのこと、みんなそう呼ぶんだけど、あそこただの工場だぜ。奥にビスト財団の屋敷があるって噂は、聞いたことあるけど」 「……知っているの?」 「いや、俺は見たことないけど……財団の偉い人がうちの学校の理事長だから」 治安警戒警報が発令さ...

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2016/04/10(日) 21:58:29

人が人を信じるのは/ 機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 2話感想

 リゼル、安価なメタスとジェガンを配合して可変MSを量産するって合理的よね。

  • From: Wisp-Blog |
  • 2016/04/10(日) 20:02:51

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する