機動戦士ガンダムUC RE:0096 第3話 それはガンダムと呼ばれた 親子感想

  • 2016/04/17(日) 16:15:39

20160417112606.jpg
未来を託す。

20160417112652.jpg
かっこいいなぁ。

王道を征く搭乗イベント。
血縁を隠してたのは因縁に巻き込みたくなかったからで、
主人公がガンダムに乗る宿命もある意味呪いみたいなもんで、
穿った見方をすれば単なる販促の都合で押しつけられた設定をやね、
こうやってしっかりドラマに落とし込む脚本の情熱よ。
たとえ世界の外側にどんな策謀や欲望が渦巻いてようとも、
最後に生き方を決めるのはただ純粋な願いであってほしい。
そんな作り手とキャラの心情がふと重なるような、
父親の最期と息子の決意だったように思う。
先人からの血脈と意志を受け継ぎ、白い機体は宇宙を駆ける。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ここから出て行け/機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 3話感想

 宇宙世紀にも「変身」という概念はあるのかw

  • From: Wisp-Blog |
  • 2016/04/18(月) 20:46:44

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第3話「それはガンダムと呼ばれた」

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096の第3話を見ました。 第3話 それはガンダムと呼ばれた 『ラプラスの箱』を巡る戦闘でインダストリアル7は戦場と化し、眼前でクラスメイト達を失いながらも、オードリーを探して戦火を走り抜けるバナージは『箱』の鍵となる純白のモビルスーツ、ユニコーンガンダムと運命的な出会いを果たす。 瀕死の重傷を負ったカーディアスはバナージをユニコーン...

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2016/04/17(日) 21:15:22

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する