甲鉄城のカバネリ 第三話 捧げる祈り 衝動感想

  • 2016/04/29(金) 08:32:33

20160429072955.jpg
本能には抗えぬ。

20160429073040.jpg
おっぱいには勝てぬ。

人が生きるには食事が必要だ。
列車が走るには補給が必要だ。
カバネリがそうあるには血が必要だ。
誰しも何かを糧とし、そのおかげで存在を留めている。
自己を維持するのが生きていくことなら、
変化に対応するのもまた生きる上で必要なことなのだろうというわけで、
異端は排除じゃーおうやってみろやーの定番イベントを順当にこなしつつ、
ヒロインに嬰児殺しのカルマを背負わせる大河内節炸裂。
葬式、出産(未遂)、ラストの押し倒しもまあセクロス的な何か、
命を巡る営みの数々は常に死と隣り合わせ。
だからこそ、今ここに生きていることの有り難みを、実感するのだ。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

甲鉄城のカバネリ 第3話 「捧げる祈り」 感想

カバネリなら仕方ないね。

  • From: キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記 |
  • 2016/05/01(日) 20:11:56

甲鉄城のカバネリ 第3話 捧げる祈り

無名ちゃんと生駒くん、前途多難だよなあ・・・・

  • From: ゴマーズ GOMARZ |
  • 2016/04/29(金) 22:20:34

甲鉄城のカバネリ フジ(4/28)#03

第3話 捧げる祈り カバネは人の敵だと銃を構える来栖。他人をカバネにしてしまうかもと降りようとする生駒。ボイラー室から出ないから金剛郭に向かいたいから乗せてと無名。菖蒲は彼らが守ってくれたと条件を飲む。 急遽、甲鉄城を出発させたので水も食料も不足気味。金剛郭は菖蒲の叔父が納めているので無下には断らないだろう。生駒もカバネ研究の最先端の金剛郭には興味があった。 無名は兄様と約束したので金剛郭ま...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2016/04/29(金) 19:34:08

甲鉄城のカバネリ 第3話 「捧げる祈り」 感想

容赦なく生駒を蹴り飛ばす無名ちゃんかわいい。

  • From: Little Colors |
  • 2016/04/29(金) 15:58:06

甲鉄城のカバネリ    ~ 第3話 捧げる祈り

甲鉄城のカバネリ  第1話  ~ 第3話 捧げる祈り 高圧的に支配する武士に対して強い憤りを覚えており、カバネを倒すために独自の武器「ツラヌキ筒」を開発 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ

  • From: 動画共有アニメニュース |
  • 2016/04/29(金) 08:47:09

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する