甲鉄城のカバネリ 第四話 流る血潮 対価感想

  • 2016/05/06(金) 06:53:53

20160506062448.jpg
結局私ら頼みでしょ。

20160506062423.jpg
この役やりたい。

貴重な戦力をわざわざ隔離していくスタイル。
それどころか切り捨てる気満々。
目の前のリスクを気にしすぎてその後の大きなリスクが見えてない、
「犠牲を小さく」って要するに自分が助かりたいだけだろそれ。
まるで安保がどうたらと国会前で喧しいあいつらのようだ、
お前ら安全や平和がタダで手に入るとでも思ってんのかよ。
そこで列車=国を守るために自ら血を流す覚悟を見せるお姫様、
その美少女エキスをちゅっちゅして脅威を葬り去る力を得る主人公、
つまり税金払って軍備を得るまでの話だったと解釈しているがどうか。
何かの形で役に立たなきゃ、そこにいられる資格なんて、生きる価値なんてない。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

甲鉄城のカバネリ 第4話 「流る血潮」 感想

血の契約と絆。

  • From: Little Colors |
  • 2016/05/11(水) 00:21:01

甲鉄城のカバネリ フジ(5/05)#04

第4話 流る血潮 菖蒲を襲う生駒、来栖が助ける。カバネの集団が大挙して襲ってくる。甲鉄城を出動させるしかない。生駒と無名は最後尾車両に押し込められて施錠される。 人々は恐怖に駆られてカバネリがカバネを呼んだと 騒ぎ立てる。兄様の言うとおり、人々は弱いと理解する無名。菖蒲のリーダーシップに不信を抱く民衆、 菖蒲は自信を失い甲鉄城の鍵を手渡してしまう。進路を金剛郭に近い山中に変更するがカバネが多...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2016/05/07(土) 18:36:39

甲鉄城のカバネリ    ~ 第4話 流る血潮

甲鉄城のカバネリ  第1話  ~ 第4話 流る血潮 高圧的に支配する武士に対して強い憤りを覚えており、カバネを倒すために独自の武器「ツラヌキ筒」を開発 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ

  • From: 動画共有アニメニュース |
  • 2016/05/06(金) 14:16:01

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

このクオリティを2クール持続させるのは至難の業でしょうからね。
でも半端な決着にはしてほしくないですね。

  • 投稿者: MH
  • 2016/05/06(金) 23:17:58
  • [編集]

今回はまるで最終回みたいな終わり方でしたが
どうやら1クールっぽいのでどうまとめるのか楽しみです。

  • 投稿者: レン
  • 2016/05/06(金) 21:37:21
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する