機動戦士ガンダムUC RE:0096 第6話 その仮面の下に 応接感想

  • 2016/05/08(日) 17:42:40

20160508113834.jpg
あらいい男。

20160508113855.jpg
ホモ特有の眼力。

さっきまで戦ってた人と会談。
敵と称される人たちと囲む食卓。
ガンダムAGEのキオ編然りGレコ然り、
同じ場所にいては視点も思考も硬直するというメッセージだろうか。
反目する連中がどう考えどう暮らしてるのか知る必要がある、
そのためにはこちらからそちらへ出向く必要がある、
伝聞ではなく己の目で確かめるべき真実がある。
たとえ主義や思想が交わらなくとも、相手は同じ人間なのだから。
顔を合わせても、話せば分かるなんて保証はどこにもない。
それでもなお、相手の言葉に耳を傾ける努力を放棄しては駄目だ。
可能性とは自分の中にだけ見出す光ではないと、そう思った。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

彼らがそう望むなら/機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 6話感想

 連邦のハイザックベースなのにネオ・ジオンでばっかり使われるアイザック。

  • From: Wisp-Blog |
  • 2016/05/08(日) 20:46:18

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第6話「その仮面の下に」

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096の第6話を見ました。 第6話 その仮面の下に ネオ・ジオン残党軍『袖付き』の拠点、資源衛星パラオで待ち受けていたのは仮面を外して素顔を見せるフル・フロンタルから目的がスペースノイドの解放である事を知らされる。 「でもテロはいけませんよ!どんな理由があっても一方的に人の命を奪うのはよくない!そんな権利は誰にもないんだ!」 「では...

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2016/05/08(日) 19:22:01

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する