機動戦士ガンダムUC RE:0096 第8話 ラプラス、始まりの地 流され感想

  • 2016/05/22(日) 12:42:47

20160522113506.jpg
自立の難しさ。

20160522113534.jpg
うぅっ…

動いてんのか動かされてんのか。
この年頃にはよくある悩み。
友達を人質にされて言うこと聞くのが主体的とは思えんし、
指定された開封ポイントへ向かうだけの軍も似たようなもんだし、
財団の指示に従うしかないデブだって本質は同じだ。
前回のファンネル支配権争いが示すように、
自分で自分を動かすことの重要性を説くような話。
ずっと誰かの命令下で生きてきた彼女の言葉だからこそ伝わる重み、
何も好き勝手にやるのが正しい生き方ではなくても、
己の選択と行動に自信と責任を持つような生き方ができるなら、
それはきっと誇らしい人生だと思うのだ。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムUC RE:0096 第8話 『ラプラス、始まりの地』 囚われのマリーダ、そして始まりの地ラプラスへ(宇宙だけど)。

☓噛ませ犬○捨て駒。ラプラスプログラムを動かすために、ユニコーンにクシャトリヤをぶつける。ここまでは分かりますが、結果としてクシャトリヤとマリーダは連邦に囚われの身に。袖付き大損害なんじゃないの。フロンタルの計算どうなっているんだろう。 クシャトリヤもマリーダもボロボロ。前者は戦闘で壊れたのですが、後者は元からの様で。前回の心理描写でマリーダの不幸そうな過去がチラリと見えました。 全身に火傷...

  • From: こいさんの放送中アニメの感想 |
  • 2016/05/25(水) 23:52:04

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096「ラプラス、始まりの地」第8話感想!

今日はいつもと同じく少し遅れ気味のガンダムUC感想です、散りばめられた死亡フラグが多すぎて怖いです。ガンダムの良いところは敵も味方も絶対悪とか絶対善がなく、視聴者がどんなにいい人だと感じたキャラでも容赦なく死んでいくところですが…そこが戦争の無慈悲さを震…

  • From: m日記 |
  • 2016/05/24(火) 01:18:10

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第8話「ラプラス、始まりの地」

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096の第8話を見ました。 第8話 ラプラス、始まりの地 バナージはクシャトリヤごとマリーダをネェル・アーガマに連行すると、ハサン医師の診断により、マリーダが既に女性としての尊厳を奪われていた事が明らかになる。 「立場が逆転したな」 「……」 「そんなに見るな」 「よく覚えてないんです。何であんなことになったのか」 「マシーン...

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2016/05/22(日) 21:31:16

運命を変えられる立場/機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 8話感想

 孤独な立場と、寄り添える者と。

  • From: Wisp-Blog |
  • 2016/05/22(日) 14:08:27

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する