機動戦士ガンダムUC RE:0096 第9話 リトリビューション 貫徹感想

  • 2016/05/29(日) 12:49:17

20160529113000.jpg
己自身の王であれ。

20160529113024.jpg
イケメンすぎィ!
20160529113103.jpg
おっさあああん…

向けられた銃口、向けられた殺意。
だがその殺意に、殺意で応えない。
宇宙に放り出されかけていた、敵地の命。
だとしてもその手を伸ばし、その手を掴む。
およそ状況や立場にそぐわない、彼らの選択と行動。
しかしそれが甘いとも間違ってるとも思わない。
判断の是非は問題じゃない、大事なのは自分の心に従うこと。
戦場にあって、戦時下のルールに従うのは、絶対的に正しいことか?
それは環境に適応するふりをした、思考の拒否ではないのか?
歯車の象徴みたいな職業軍人が、歯車としての散り際に見せた、人の表情と感情。
部品であろうとする気持ちもまた、盲従ではなく信念だったように思えた。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

たったひとつの部品だ/機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 9話感想

 歯車が語る部品の重要性。

  • From: Wisp-Blog |
  • 2016/05/29(日) 16:06:35

機動戦士ガンダムUC RE:0096 第9話 『リトリビューション』 一つの悲劇が、もう一つの悲劇を呼ぶ!

指定座標に行くとどうなるの。ラプラスコロニーの残骸がガションカション変形して秘密の部屋が開くのか。そう思ったら流れた来たのは初代首相の演説。ナンノコッチャ。この時点では何が何やらサッパリです。そしてこの状況はビスト財団のアルベルト、そして袖付きにもしっかりモニターされていると。更に封印を解くため、且つマリーダ救出の為に攻めてくるフロンタルと袖付き。 千載一遇のチャンスだったのに!オーガスタ研...

  • From: こいさんの放送中アニメの感想 |
  • 2016/05/29(日) 15:05:54

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第9話「リトリビューション」

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096の第9話を見ました。 第9話 リトリビューション ダグザと共にバナージはラプラスの残骸の内部に入ると、初代首相であるリカルド・マーセナスの演説がユニコーンガンダム自体から発信される。 ユニコーンガンダムに仕込んだ細工により、ラプラス・プログラムの情報を把握していたフル・フロンタルやマリーダの救出を目的とするガランシェール隊がネェ...

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2016/05/29(日) 12:59:26

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する