甲鉄城のカバネリ 第十話 攻め上ぐ弱者 支配感想

  • 2016/06/17(金) 07:38:10

20160617062246.jpg
こんなはずじゃ。

20160617062410.jpg
うひょー!

カバネが敵とか悪とかそういう存在ではなく、
舞台装置の一つでしかないことは明白だったが、
つまり対立軸を別途用意する必要が生じるわけで、
そのためには人間側からラスボスを出すしかないわけで。
そう考えるとビバ様もちょっとかわいそう、
話に一区切りつける上でヘイト集め役を任されて、
さあ反逆してくださいよと言わんばかりの不埒な悪行三昧。
血液の取り立て、デブちん殺害、無名さん洗脳、
まあ無名さんを取り押さえる場面は興奮したので不問に付すけど、
すべてを力で奪い尽くす強者の強権に大義は見えず。
無秩序な暴徒も、理不尽な圧政も、等しく厄介、等しく勘弁。
なんだかんだで、現実世界は平和で幸せなのだなぁと思った。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

甲鉄城のカバネリ 第10話  攻め上ぐ弱者

美馬って実は変態でしょ・・・・

  • From: ゴマーズ GOMARZ |
  • 2016/06/22(水) 06:51:14

甲鉄城のカバネリ 第10話 「攻め上ぐ弱者」 感想

献血にご協力ください(強制)

  • From: キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記 |
  • 2016/06/19(日) 00:02:19

甲鉄城のカバネリ フジ(6/16)#10

第十話 攻め上ぐ弱者 強い者が生き残り弱い者が死ぬ、それが世界の理。それを認める訳にはいかない、美馬を除くべきだ。 甲鉄城の人々は軟禁され採血される者とそうでない者に 仕分けられていた。克城の手伝いをする巣刈は裏切り者と思われていた。美馬は菖蒲に金剛郭への入場に叔父の力を借りようと交渉する。菖蒲の叔父は老中牧野だった。12年前のカバネ討伐で置き去りにされた美馬。それまではカバネを制圧できてい...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2016/06/18(土) 12:23:26

甲鉄城のカバネリ 第10話 「攻め上ぐ弱者」 感想

 自由と無名を取り戻す生駒たちの反撃。

  • From: Little Colors |
  • 2016/06/17(金) 20:53:59

甲鉄城のカバネリ 第10話 『攻め上ぐ弱者』 何でボケっと見てるのと思ったら「感想を言え!」にビックリ。

兄様マジキチ。こんな人跡継ぎになんてさせられませんわ。遠征にかこつけて殿様が暗殺するのも分かる気がする。それとも遠征前はまともだったのか。  弱肉強食なんて認められない。というか女子供を弱いから死ね、じゃ未来ありませんよね。狩り方衆そのへん分かってるのかな。甲鉄城の連中はカバネ用に血をとられる家畜。ちょっとでも異議申し立てしたら腕ズバーン!一緒に居る連中も戦闘狂みたい。弱者にとって...

  • From: こいさんの放送中アニメの感想 |
  • 2016/06/17(金) 10:55:40

甲鉄城のカバネリ    ~ 第10話  攻め上ぐ弱者

甲鉄城のカバネリ  第1話  ~ 第10話  攻め上ぐ弱者 高圧的に支配する武士に対して強い憤りを覚えており、カバネを倒すために独自の武器「ツラヌキ筒」を開発 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ

  • From: 動画共有アニメニュース |
  • 2016/06/17(金) 08:22:46

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する