機動戦士ガンダムUC RE:0096 第15話 宇宙で待つもの 架け橋感想

  • 2016/07/24(日) 12:39:05

20160724111146.jpg
この手を放すもんか。

ここも屈指の名場面だよなぁ。
初見でも泣いた記憶。
機動兵器が人型であることの意味。
手があるから、掴めるんだよ。
両手があるから、つなげるんだよ。
操者の意志が形となって表れる、ガンダムにならできること。
今はまだ、物理的に引き寄せただけかもしれない。
成り行きで利害が一時的に一致しただけの協力。
さっきまで憎み合い殺し合った同士が、急に和解なんてできない。
まさに呉越同舟、前途多難は目に見えてる。
けど、「それでも」、乗り合わせたことに意味があると信じて。
因縁もまた、縁の一つには違いない。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムUC RE:0096 第15話 『宇宙(そら)で待つもの』 ユニコーン真の覚醒!サイコフレームが赤から緑へ!!

それは嘗てアムロが放った光。アクシズを超自然的な力で動かして、地球への降下を阻止した謎の力。この現象を後の連邦では「アクシズ・ショック」と名付けた模様です。感慨深げに見るのはブライト。逆に戦慄しているのはマーサとアルベルト。ニュータイプの持つ得体のしれない力の象徴だからでしょうか。 辛くもネェル・アーガマとランデブーしたガランシェール。連邦とジオンの船が協力するという一種異様な光景。しかし感...

  • From: こいさんの放送中アニメの感想 |
  • 2016/07/27(水) 00:59:17

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第15話「宇宙で待つもの」

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096の第15話を見ました。 第15話 宇宙で待つもの 地球軌道上のネェル・アーガマはテザー推進でガランシェールを回収するためにバリュートを展開し、熱圏上層に接近していた。 戦闘により機体が損傷して大気圏離脱が困難なガランシェールを救出するため、ネェル・アーガマから射出されたテザー・ケーブルとガランシェールのグラップル・ブームを繋ぐ作...

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2016/07/24(日) 12:44:15

私も信じたい/機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 15話

 ゼータプラスもたいがいだけど、ジェガンのバリエーションの差異まで把握するのは僕にはちょっと無理。

  • From: Wisp-Blog |
  • 2016/07/24(日) 12:42:43

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する