甘々と稲妻 第6話 おともだちとギョーザパーティー 察し感想

  • 2016/08/11(木) 06:37:00

20160810213759.jpg
助太刀?横槍?

20160810213829.jpg
さてどっち。

協力のつもりがお節介。
気を利かせたつもりが要らぬ世話。
好意が裏目に出るのはわりかしよくあることで、
戦力的に頼もしくてもありがたいかどうかは別の話で、
初心者同士の楽しい時間を邪魔してるんじゃないか、
彼女の想いと二人の居心地に水を差しちゃいないか、
そこに気づくとは…やはり友達か。
引き際を心得てるのが本当の友情ってもんだ。
優しい世界と言っちゃそれまでだが、
アニメに見る理想の人間性や関係性ってのもまあ悪くない。
遠慮の言葉で包み込む、思いやりが隠し味。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

甘々と稲妻 BS11(8/08)#06

第6話 おともだちとギョーザパーティ 恵が早朝に仕事に出かける。子鹿青果店の開店準備中の子鹿母と遭遇。小鳥は一人で寂しいが最近は学校の先生が様子を見に来てくれているらしい。母親にきんぴらを持たされて小鳥の様子を伺いに向かうしのぶ。自宅には不在で店舗を覗くと犬塚公平とつむぎに出会う。そこで小鳥から事情を説明されると水臭い。私も参加すると次の日時を決める。メンバーが増えてパーティだとつむぎに教え...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2016/08/11(木) 08:43:36

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する