アルスラーン戦記 風塵乱舞 第八章 風塵乱舞 決起感想

  • 2016/08/21(日) 18:55:01

20160821182011.jpg
殿下のかわいさが世界を救うと信じて…!

少年はそして王となる(なったとは言ってない)
ん?ちょっと待って、戦いはこれからやん!
まあどんだけ急いでも王都奪還には間に合わんかったし、
この構成が正解ではないにせよ間違いでもなかったんだろう。
殿下にとっての最終目標は、パルスの王になることよりも。
国を守り民を導く、善き王になることなのだから。
振り返ってみれば、まだ幼く小さき彼が、器を得るまでの物語だった。
武力で支配する父とは違う、血筋で統べる従兄とも違う、
人徳にて治める新たな国家の在り方を夢見て。
それが正しい道かどうかは、歴史の判定を待つとして。
今はただ、頼れる仲間と共に、理想を目指し、進軍するのみ。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する