フリップフラッパーズ 第3話 ピュアXLR 世紀末感想

  • 2016/10/21(金) 23:44:04

一回こっきりの変身バンクにどんだけ労力かけてんだよ。

北斗に始まりプリキュアに終わる。
パロディに始まりレズに終わる。
作画も話もぶっ飛んでたけど、作品の基本を外してないよね。
やりたいことをやりつつ、やるべきことも忘れてない。
舞台が異空間でステージセレクトが可能な設定は、
要するに美少女版スペースダンディだと思うんだが、
つまり面白い話をかわいい女の子でやったら最強ってことでしょ。
解いてみればなんて単純な図式、だからこそ気持ちいい、清々しい。
世にレズアニメ数あれど、突き詰めればこうなるのか。
なるほど、ピュア。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリップフラッパーズ TokyoMX(10/20)#03

第3話 ピュアXLR 砂漠を彷徨うパピカ。村の異世界人に助けられる。外見が異なるので恐れられているパピカはココナを探していた。 村を無法者が襲う、パピカには通じない。相手を倒すがココナ先生が助けに来る。ココナの服にマスクを付けた少女。パピカと互角以上に戦うココナ先生。しかしマスクを破壊するとココナ本人が出現する。マスクで操られていた様子。 親切にしてくれた村の少女が実は女性が化けていた。ピュ...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2016/10/22(土) 01:29:42

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する