ViVid Strike! #04 リンネ・ベルリネッタ クズメガネ感想

  • 2016/10/23(日) 13:44:14

20161023125149.jpg
これは教育やろなあ。

20161023125014.jpg
トレーナーメガネ。
20161023125052.jpg
前の席メガネ。

我慢してりゃ余計にいじめられる。
本気出したら出したで敬遠される。
境遇は関係ない、どちらも自分の態度が招いた結果。
絡み合う運命の中で徹底的に個を描く、凄まじい美少女アニメだ。
そして今回の話で注目すべきは、いじめグループの堂々たる卑劣戦法だ。
中でもメガネさんの演技力は圧巻だった、
彼女が信用と油断を引き出さなければこの作戦は成立しなかった。
唯一の誤算は怒りと反撃も引き出してしまったことだが、
この事件がきっかけとなって格闘家人生を歩み始めたのなら、
むしろ陰の功労者として感謝されてもおかしくない。
お返しに顔面を潰されるのは釈然としないが、まあスカッとした。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Vivid Strike TokyoMX(10/22)#04

第4話 リンネ・ベルリエッタ ユミネがリンネに関して調べた過去をまとめている。フーカには辛いかも知れないが見てみることにする。 4年前、公園の除雪を行う孤児たち。そんな皆に温かい飲み物を差し入れる老紳士。リンネに里親の申込み者が現れる。アパレルメーカーの社長、ベルリエッタの夫妻だった。彼らの祖父こそ公園で会った老紳士だった。今はベッドでの闘病生活が続いていた。 リンネが成長して中学に通うこと...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2016/10/24(月) 08:24:37

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する