機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #31 無言の戦争 消耗感想

  • 2016/11/06(日) 18:15:08

20161106173104.jpg
故郷を離れてデスマーチ。

フラグ積み立て回。
今週生き延びただけでも奇跡だな。
これで死ななかったら木の下に埋めてもらって構わないよ。
しっかしまあ黒幕のヒゲ、誘導上手いよね。
裏の思惑を悟らせず無知な若者を焚きつけて転がして、
でも社会に出たらこういう手合が山ほど手ぐすね引いて待ってるわけでな。
これまで自分の頭で考えて生きてなかった連中が、
この期に及んで状況に流されるままの小僧っ子が、
利用された挙句切り捨てられるのは残念でもないし当然。
恨むなら信じて送り出した自分とこの親分を恨みな。
このまま次の指示を待つのは、死を待つのと同じだと思え。
何のためにって、生きるために戦うんじゃないのかよ。
根っこの部分で、あの頃と変わってないんだな。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯31「無音の戦争」

評価 ★★★ たまに頭をなでてやれば……           

  • From: パンがなければイナゴを食べればいいじゃない |
  • 2016/11/12(土) 21:30:30

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第31話「無音の戦争」感想

今週の要約#g_tekketsu pic.twitter.com/2MqcC1CFQQ— テイカー13 (@taker13ful) 2016年11月6日 早く来てくれ、三日月―――――!!! まるまる一話、重たい話に使いやがった! あまりに息 ...

  • From: ガンダムFWブログ |
  • 2016/11/06(日) 22:53:08

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #31「無音の戦争」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第31話を見ました。 #31 無音の戦争 アーブラウとSAUによる経済圏同士の紛争は両軍が睨み合うバルフォー平原で開戦し、ガラン・モッサの指揮の元、鉄華団も戦闘に加わるが、連日続く消耗戦に疲弊していた。 「不鮮明な回線理由を逆手に取り、見事な膠着状態を成立させた…。つまり、それが目的か…?」 いつまで戦うのか、勝ってるのか負けてる...

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2016/11/06(日) 22:08:41

ご執心ですね/>機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ31話感想

 ジュリエッタとガエ……もといヴィダールのやりとりがないと気持ちの落ち込みに耐えられないレベルの展開。尻だ、ジュリエッタの尻を見て気持ちを落ち着かせるんだ(*風邪で錯乱してます)

  • From: Wisp-Blog |
  • 2016/11/06(日) 21:55:37

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第31話 『無音の戦争』 マクギリスと鉄華団地球支部が敵対、どーすんのこれ!?

アリアンロッド艦隊のラスタル・レミオン。彼とマクギリスの権力闘争に端を発し、鉄華団火星本部と地球支部に離間の策。 アーブラウとSAUの関係は悪化の一途を辿り遂に開戦。でも最初からグダグダ。何故なら双方ビギナーだから。歴戦の勇者が鉄華団しか居ない上、リーダー代理のタカキの統率力が今ひとつ。これらの要員が重なって戦争は消耗戦へ。でも悪いことばかりじゃありません。時間を掛けてしまう事は時...

  • From: こいさんの放送中アニメの感想 |
  • 2016/11/06(日) 19:36:13

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する