フリップフラッパーズ 第8話 ピュアブレーカー 鋼鉄のコクピット感想

  • 2016/11/25(金) 22:58:56

レズ特有のロボアクション。

機体を乗り換えるほどダサくなるデザインがいい。
オモチャ屋関係ないのにオモチャを意識したフォルム、このセンス。
何よりそこにスク水少女を捩じ込む尋常じゃない力業、
しなやかな肢体を狭い空間にギュウギュウ詰めの背徳感、
場違いでこそ異質だからこそ際立つ倒錯の美。
ここぞとばかりにカメラワークも本気出すし、
競女にブレパンと水着女子華やかなりし今期にあって、
フェティシズムで凌駕するのがまさか本作とはまさにイリュージョン。
ストーリーも人間関係も変動はあったものの、
ビジュアルインパクトが強すぎて正直それどころじゃなかった。
これが制作者の心象風景なのだとしたら、病院行け。 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリップフラッパーズ TokyoMX(11/24)#08

第8話 ピュアブレーカー 学校のプールで遊ぶ2人。突然ピュアイリュージョンに移動してしまう。そこは電脳のような世界。カラスのような生物が突然襲ってきた。2人を追いかけてヤヤカも訪れて、助けてくれる。しかしアモルファスは見つからず探しに行く3人。 ココナとパピカの前に突然現れた小さなおっさん。CO-303をおっちゃんと呼ぶパピカ。彼はこの町を作った男、しかしある日、突然現れた謎の生物。それが町...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2016/11/26(土) 01:24:49

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する