フリップフラッパーズ 第13話 ピュアオーディオ 自立感想

  • 2016/12/30(金) 22:45:12

レズ特有のハッピーエンド。

正直、完全には話を理解できてない。
特にママンが分裂した理由とか意味とか。
ただ、怖い方も優しい方も娘を愛してたことだけは確かだ。
両方の想いを受け取って、娘は自分の道を見つけられたのだ。
そこに閉じ込められなければ、そこから抜け出すこともできない。
世界の広さを知るために、一歩を踏み出すために必要な、それは試練だった。
やがて親元を去り、いつか大切な人と出会い、まだ見ぬ場所へ共に旅立つ。
どこにでもあるような成長譚を、何でもありの舞台で綴った、
ここにしか咲かない少女と少女の物語。
次の行き先は知る由もないけれど、二人一緒なのは分かってる。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリップフラッパーズ TokyoMX(12/29)#13終

最終回 第13話 ピュアオーディオ ココナをパピカに任せて去っていくミミ。パピカは若返っていく。木の根っこに取り込まれたパピカに食事を運ぶココナ。パピカはお姉さんから老女、赤ちゃんと変化して今は ココナと同じ見た目。友だちになるとパピカは解放されて2人は手を繋ぐ。 フォームチェンジしたパピカとココナはバケモノを倒すが再生する。子供は親のもの、悪い子はお仕置きする。TT-392が合体、巨大ロボ...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2017/01/02(月) 07:21:13

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する