クズの本懐 第二話 そのぬくもりに用がある 温度差感想

  • 2017/01/20(金) 07:14:03

20170120062655.jpg
恋は極力秘めるもの。

20170120062633.jpg
メガネは極力かけるもの。

偽装は真実を駆逐する。
嘘カップルに撥ね飛ばされた幼馴染の偽らざる片想い、
それが別にありがたくない好意でも一応受け取っておくのは、
それが種を多く蒔き散らしたい雄の習性であり本能であり、
優秀な種を望む雌との違いとでも言いたそうな挿話。
前回モブ男子の告白を断った台詞との分かりやすい対比でもあり、
今回のどっちつかずで迷ってる状態を実は楽しんでるであろう恋愛相談も、
選択権を振り翳して優位に立ちたい女の願望見え見えで苛ついたものの、
その後の展開で一瞬にして嫌な気分も吹き飛んだ。
何だよちゃんといるじゃーん!
まともな性的嗜好の持ち主いるじゃーん!
女子が好きになるには女子に決まってんじゃーん!
女の子同士のお泊りはレズ会って言うのよそれ!
あーなんかもう喜ぶより安心したわ、戸松の恋を全力で応援する、頑張れ!勝て!

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クズの本懐 フジ(1/19)#02

第2話 そのぬくもりに用がある 絵鳩早苗が花火を一緒に帰ろうと誘う。先約の麦と帰る花火。キスを迫る麦にダメと叫ぶのり子。同じマンションで幼馴染の鴎端のり子。彼女には麦が王子様だった。無許可に人の物に手を出すなと凄む花火。 どうしてフッてあげないの?彼女が可愛いから?花火の嫉妬?所有欲?花火と麦のランチタイムにも割って入るのり子。二人の関係を疑っている様子。絶対に諦めないから。 兄の手伝いをす...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2017/01/22(日) 20:05:56

クズの本懐 第2話「そのぬくもりに用がある」

クズの本懐の第2話を見ました。 第2話 そのぬくもりに用がある 花火と麦が偽りの交際を続ける中、二人を鋭い眼差しで見つめる少女・鴎端のり子がいた。 「何でアンタなんが麦と付き合ってんのよ?麦もこんな女に騙されて可哀想。アンタ、麦の前じゃぶりっ子してるんでしょ!?」 「してないよ」 「あーよく気づいたな。そうだ、コイツ性悪だぞ、かなり」 「麦に言われたくない…」 ...

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2017/01/20(金) 10:55:23

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する