今日見たアニメ二言三言感想 2017/3/11(アニメイズム編)

  • 2017/03/11(土) 21:00:09

おしながき

・青の祓魔師 京都不浄王篇 第捨話 不撓不屈
・昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第十話
・ALL OUT!! 第22話 自分のシマ

・青の祓魔師 京都不浄王篇 第捨話

20170311195632.jpg

キタエリがまだヌメヌメ胞子に拘束されてて草。
助けんのにもたついてんのは花澤なりの友情やな、分かるで。
その一方でようやく降魔剣が抜けたらしい、
友達の信頼に応えるためってやっぱりホモじゃないか(呆れ)
申し訳ないが男をヒロイン扱いするのはNG、以上。

・昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第十話

が、画伯がメスの顔に…!
よりによってその相手が育ての親で死に際の老人でホモとか業が深すぎらぁ。
まあ彼女の愛憎という点において並ぶもののない存在なのは確かだが、
およそこの世のありとあらゆるモラルを超越した、
ある意味最も純粋な人の想いに触れた気がした。
落語教えて=子種ちょうだい、そうとしか聞こえない。
アニメの演出ばっかり持て囃されてるけど、
これは原作も極まってるんじゃなかろうか。

・ALL OUT!! 第22話

20170311195726.jpg

尊敬するコーチと風呂入るために部員を巻き込むホモの鑑。
メガネ君とイケメン君の言い争いは同じ競技やってるとぶつかる壁だわなぁ、
でも作画が死にすぎて正直それどころじゃなかった。
佐山聖子のコンテも泣いておるわ。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昭和元禄落語心中 助六再び篇 TBS(3/10)#10

第10話 東京で唯一の定席寄席の雨竹亭が全焼した。火元になるものが多く原因不明でお咎めなし。もぎりのバイトをしていた者は先行き不安。落語はどこでも出来るのが強み。 小夏は茶店でバイトする、甘いものが欲しくなるのは 信乃助の時と同じ。助六の子供を身籠った。樋口も小夏には八雲馬鹿らしい。新作を多数書き留めていた。助六は師匠の目の黒いうちは新作を高座にかけない。師匠に嫌われたくないから。師匠の一歩...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2017/03/12(日) 21:40:01

青の祓魔師 京都不浄王篇 TBS(3/10)#10

第10話 不撓不屈 遂に胞子嚢が破裂した。明陀宗とシュラたちは結界の外に一先ず撤退して体制を立て直す。 柔造の一行は藤堂と対峙する。アグニ対迦楼羅の炎対決。同じ魔元素の場合は力の強いものが吸収する。柔造の攻撃をことごとく吸収する藤堂。しかも迦楼羅の再生能力も併せ持つ。雪男には考えがあった、時間もないので、その作戦を実行する。二人が近接格闘で時間を稼ぎ、その間に柔造の炎を 3人で極限まで巨大化...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2017/03/12(日) 21:37:33

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する