クズの本懐 第十二話 2人のストーリー 自立感想

  • 2017/03/31(金) 07:05:56

20170331063107.jpg
レズルートでやり直せ!

20170331063037.jpg
お前(の相方)ノンケかよぉ…

好きでもない相手と過ごす、不毛な時間の終わり。
カップル破局主義者にとっては歓迎すべき結末なのだろうが、
それでも胸にチクリと刺すようなほろ苦い二人の選択だった。
お互い少し大人になったってことかな。
というかシリーズ後半が完全にビッチ先生無双でなぁ、
結局彼女が物語のヒロインだったんじゃないか、
作者は明らかにこっちメインで描きたかったよねこれ。
腹立つ物言いもあったけど男に都合のいい面も持ち合わせてるし、
欲望に正直なその生き方は嫌いじゃないむしろ好き。
エロゲやラノベの主人公に仮託してDTが日々勤しむ妄想を、
性別は逆ながら作中実現しとったわけで、
それが反感買うのは羨望の裏返しだよな要するに。
これの後番がキモオタのオナペット冴えカノ続編ってできすぎとるやろ、
皮肉なオチが作品を跨いできれいに決まったところで筆を置く。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クズの本懐 フジ(3/30)#12終

最終回 第12話 二人のストーリー 11月桔梗祭の準備、休んでいた花火はステージ係。春休みに鐘井先生と皆川先生は結婚する。直接本人が知らせに来た。メガネを止めたので昔の頃に戻ったみたいで切ない。 偶然にもモカのクラスのファッションショーを観賞。モカはウェディングドレス姿で綺麗。彼女は前進していた。ステージの設営でこき使われる花火。用具室に工具を運ぶと疲れて一休み、眠っていた。偶然にも麦もサボ...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2017/03/31(金) 11:55:38

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する