サクラダリセット #02 MEMORY in CHILDREN 2/3 サイコパス感想

  • 2017/04/14(金) 22:02:48

20170414205850.jpg
その幻想をぶち殺す。

ご都合能力のおかげで、おそらく話の辻褄は合ってるのだろう。
でも論理を構築する前に、倫理を見直そうな。
常識からはみ出しても構わんけど、照らし合わせるぐらいはしような。
主人公の正義感が上条さんに並ぶ勢いで偽善独善、
気持ち悪い薄ら寒い吐き気を催す邪悪とはこのことか。
非実在幼女を助けるためなら脅迫恫喝何でもござれ、
これが人間味のつもりだとしたら作者は病院行け。
世界中が自分の意見に賛同せんと気が済まんのかな、
自分と違う考え方を一切認められんのかな、
巻き込んで押しつけて捻じ伏せて自己満足の極み。
こんな形で親子の愛情を強要されて、誰が感動すんの?
なんで花澤はこんなキチガイに惚れんの?
小野賢章じゃなくて石川界人だよ?

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サクラダリセット TokyoMX(4/12)#02

第2話 MEMORY in CHILDREN 2/3 クラカワマリ、君は死んでいる。君は母親によって能力で生み出された子供だ。死産を知った時に母親は能力に目覚めた。管理局の津島がマリを迎えに来た。母親はマリを管理局に任せて街を出た。母親の愛情が失われたのは父親が娘を愛せなくなったから。管理局は母親に街を出ることを勧めた。春綺、君が選べ。管理局が引き取るべきです。でも、本音はマリを助けたい。リ...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2017/04/15(土) 00:08:42

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する