クロックワーク・プラネット 第3話 真正面突破 ガイジ感想

  • 2017/04/25(火) 06:30:19

kuro5.jpg
止め絵で無双。

超低予算丸出しのアクション(してない)作画にはまあ目を瞑ろう。
番兵が大層な解説の割にクソザコナメクジなのも笑って許そう。
認識できない時間軸とやらで、戦闘シーンをすっ飛ばす斬新な手抜k…
ゲフン省力演出にはむしろある種の感動すら覚えた。
それらのクソ要素を差し置いてこのクソアニメの一番クソなとこは、
メインキャラのクソガキメンタルに他ならないと思う。
名門とかマイスターとかそういう立派な肩書が呆れるほど似合わない、
場の空気を読めず感情のままに言いたいことだけまくし立てる、
さながら特殊学級の授業参観に立ち会わされてるような気分。
京都がパージでコクーンだか一刻を争う非常事態らしいのに、
なぜか機械人形にプロポーズしたり断られたりのクソ茶番を、
凶悪なまでにだっるいテンポで垂れ流されるこの苦行。
駄作マニア垂涎の一作、ここで逃げたら男がすたる。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロックワーク・プラネット TBS(4/20)#03

第3話 真正面突破 リューズは本来ブレゲ家の所有物。返還を求めるマリー、断るナオト。リューズはマリーに剣を突きつけ無理強いを止める。7時間で区画京都はパージされる。星のメンテナンスとしてリューズは目覚めたと考えるマリー。リューズは付き従う者、ナオトの修理で目覚めた。 大きな重力異常を事前に察知するナオト。ノイズキャンセラー・ヘッドフォンを掛けて会話できるナオトは異常。24階層の異常も察知して...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2017/04/25(火) 18:01:01

クロックワーク・プラネット 第3話 『真正面突破』

マリー・ベル・ブレゲは、Intial-Yシリーズ壱番機が ベレゲ家の資産なので返せと見浦ナオトに言うが拒否。 そして、リューズも見浦ナオトに従い ヴァイネイ・ハルターから見浦ナオトを庇う。 流石はリューズ。 忠誠心がありますね。 コアタワーの地下にIntial-Yシリーズ(アンクル)が居る! それを聞いた見浦ナオトは、やる...

  • From: 奥深くの密林 |
  • 2017/04/25(火) 07:41:27

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

歯車モチーフはクソアニメの法則が発見されましたね。
学会に発表しようと思います。

  • 投稿者: MH
  • 2017/04/25(火) 22:02:55
  • [編集]

いろいろひっどいですけど、これが今期の
ハンドシェイカー(クソアニメ)枠かな?(苦笑)

  • 投稿者: レン
  • 2017/04/25(火) 21:46:51
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する