進撃の巨人 Season2 #32 打・投・極 寝技感想

  • 2017/05/14(日) 10:30:17

20170514095612.jpg20170514095623.jpg
            ファイッ!

立ち技不利のグラウンド。
巨人に格闘技させたかっただけってわけじゃないよな。
サブミッションで攻める意味。
ノックダウンを取れぬなら、ギブアップを奪うまで。
意識を飛ばすのではない、参ったと言わせる勝ち方。
獣の殺し合いとは違う、人同士にのみ可能な、死に至らしめない決着のつけ方。
命のやり取りをしてながら心の奥底で殺さずに済むことを願ってる、
そんな風にも見えた試合内容だった。
それよりアニvsミカサのスペシャルマッチを完全中継してほしかった。
こっちはガチでタマの取り合いになるから放送できなかったのか?

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

進撃の巨人 第32話 『打・投・極』 巨人を倒せるのは...巨人から学んだ技!

仮にも寝食を共にした仲間と戦わなきゃならないなんて…。そう思ったけど怒りが情を上回ったエレン。ためらうこと無くライナー=鎧の巨人に突っ込んだ。むしろミカサが躊躇しちゃった様ですね。まあ巨人の時より人間の時のほうが剣先も鈍るってもんです。  ところが超大型巨人にユミルともう一人が捕まった。そしてそのまま口の中へ。食った!というより捕獲した感じがする。でもクリスタは大ショ...

  • From: こいさんの放送中アニメの感想 |
  • 2017/05/15(月) 23:53:47

進撃の巨人 Season2 BS11(5/13)#32

第32話 打・投・極 ミカサは後悔していた。あの時に二人の首を落としていれば、こんな状況には ならなかったと。恐怖に歪んだ二人の顔が手元を狂わせた。超大型巨人を攻撃すと命令するハンジ。背後から項を狙うが、熱波を噴出する。立体機動も跳ね返される。ハンジの指示は待つことだった。巨人がこの状況をいつまでも維持できるわけがない。力尽きたときが攻撃のチャンス。 1,3班を引き連れてライナーの攻撃に向か...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2017/05/14(日) 16:48:34

進撃の巨人 Season2 第32話「打・投・極」

第32話「打・投・極」 憧れていた仲間が敵だった。 割り切れないものを抱えながら、それでも戦わなければいけないって辛いよね。

  • From: いま、お茶いれますね |
  • 2017/05/14(日) 14:36:26

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する