冴えない彼女の育てかた♭ #06 雪に埋もれたマスターアップ 言い訳感想

  • 2017/05/19(金) 07:00:41

20170519063049.jpg
あのさぁ…

結局落とすのか(呆れ)
まあこいつらは同人サークルらしいんで、
仕事に穴開けたり契約違反ってことにはならんのかもしれんけど、
それでもクオリティ向上なんて理由にすらなってない寝言を口実に、
作業の遅れたイラストレーターが一番悪いのは揺るぎようのない事実。
身内とライバルに謝って済ませてんのに草を禁じ得なかったわ、
迷惑かけたってんなら楽しみにしてたユーザーに詫びろや。
やっぱり人気より売上より自己満足が最優先なんだよなこいつら、
延期しても話題になってて完売しましたってよ、
爆発オチよりサイテーなお花畑エンディングをどうもありがとう。
オタク上がり業界人がどんな姿勢で制作に取り組んでるかよく分かったよ、
客となあなあの関係になったらプロも終わりやね。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

冴えない彼女の育てかた♭ 第6話 「雪に埋もれたマスターアップ」  感想

恵。激おこの巻。

  • From: キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記 |
  • 2017/05/20(土) 23:30:51

冴えない彼女の育てかた♭ 第6話

  冴えない彼女の育てかた♭第6話です。 うっとり詩羽ちゃん。 第6話「雪に埋もれたマスターアップ」 では今回の詩羽ちゃんを見ていきましょう。 あっという間に冬コミです。 同人ゲームのほうはあまり詳しくないけど3日目なのか。3日目はエロいやつというイメージなんだけどw 詩羽ちゃんは準備を手伝う気はないっぽいw 英梨々「結局いつものイベントと同じで最後までドタバタ続きだったわね」 詩...

  • From: アニメグラフィティ |
  • 2017/05/20(土) 08:59:26

冴えない彼女の育て方♭ #6 『雪に埋もれたマスターアップ』

おっと。 ベットで目覚めたら、いきなり安芸倫也を 踏みつけるなんて、これは何かの罰ゲームですか? 英梨々さん。 しかし、何時の間に那須行ったのか? え? 波島伊織のサークル仲間のお嬢様に 那須高原まで送って貰ったって! 波島出海にようやく勝てたと安心した英梨々は 霞ヶ丘詩羽と氷堂美智留に勝ったと。 氷堂美智留には...

  • From: 奥深くの密林 |
  • 2017/05/19(金) 23:55:41

冴えない彼女の育て方b フジ(5/18)#06

第6話 雪に埋もれたマスターアップ 伊織に送ってもらう倫也。江中が居たので那須高原まで車で送ってもらう。急いで英梨々をベッドに運ぶ。プロデューサーならマスターアップを選択すべきだった。お前は東京に残るべきだった。仲間が倒れたら、そちらを優先するだろう。前代未聞のシナリオ、原画、楽曲数で同人サークルとしては 異常なほどの量を誇るゲームに膨れ上がっていた。一応、日曜の昼間で受け付けてくれる業者を...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2017/05/19(金) 20:58:41

この記事に対するコメント

Re: 初めまして

一応補足しとくと、冴えカノも鉄血も作品内に独自の価値観が存在して、
それに従った作劇としては真っ当な着地点なのだろうけど、
それに賛同も納得もしてない人には受け入れられんという話。

  • 投稿者: MH
  • 2017/05/21(日) 08:33:47
  • [編集]

Re: 初めまして

言い訳乙。

  • 投稿者: MH
  • 2017/05/21(日) 07:45:16
  • [編集]

初めまして

>迷惑かけたってんなら楽しみにしてたユーザーに詫びろや

そんなことを描いたら
監督も作者も20年は干されると思いますよ。
事実上の永久追放。

プロである以上、豚に謝る愚行だけはしてはいけない。
それをした時点で見限られるのだということを理解してこそプロではないでしょうか。

ファンという豚には何の力もありません。
作品が売れる場合には売れるようしている連中の力の方が大きい。
商業デビューさせる。
コミック化する。
アニメ化する。
有名作と同じ刊行日にする。
その結果、売れるだけの力があれば売れる。
豚の力など気にする必要はない。
謝るべきは本当に力を持っている相手。
勿論、豚を黙らせるための技術として謝罪はありです。

一番いい例としては銀魂でしょうか。
銀魂は自分が利用し利用される世界で生きていることを理解している。
利用される立場を理解したうえで最大限その力を利用する。
だからこそジャンプもアニメ界も銀魂を切らない。
そういう姿こそがプロとしての姿ではないでしょうか。

鉄血のオルフェンズの最終回と同じです。
立場を理解しているからこそ生かす価値も出てくる。

今回の話は、アニメ界のラスタル・エリオン、小説界のマクバード・バリストンに対する釈明だったと思います。
恋する乙女な要素を強調することで、
「彼女たちはプロではなく、謝るべき相手が元からいなかった。
だから今回の一件はあなた方を蔑ろにしたわけではない。
今後のクリエイター要素を薄め、加藤に感情をプラスすることで納めるべき金はきっちり納める。」
と、生き残るための最大限の努力をした結果なのだと思います。

プロとしての力に消費するだけの豚との関係性は関係ないと思いますよ。必要なのは仕事をくれる、自分にとって有益なお客様との関係性です。

  • 投稿者: 野良猫
  • 2017/05/21(日) 04:55:27
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する