進撃の巨人 Season2 #33 追う者 相似感想

  • 2017/05/21(日) 10:47:22

20170521100430.jpg
それも一つの準備。

あの頃と変わらぬ三人の関係性。
次の任務は攫われた身柄と攫った犯人の追跡だが、
かつて二人が追っかけてたのは本人よりその気骨だったのかな、
それを信じるならそう簡単には殺されないはずだし、
まだ望みを捨てんなっておっさんの気休めには説得力があった。
仕事はサボってたけど大人としての役目をちゃんと果たしてるんだよな、
こういう見守る目線なり立ち位置なりが作品を地味に支えてると思う。
でも声変わってて最初誰か分からんかったのは内緒の話だ。
そんなこんなで展開的にはほぼ足止め回、
まあ作画兵団にも頑張るための休息は必要ってことやね。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

進撃の巨人 第33話 『追う者』 エレンは絶対屈しない!

ハンネスある意味大活躍。エレンが居なくなって激おこ→鬱状態になったミカサを見事立ち直らせた。 兵士が給料泥棒している=平和が一番、という考えも素晴らしい。  落ちてきた超大型。最初食べるのかな?と思ったら身を投げだしただけ。でもその影響は凄まじくまるで大爆発。その隙にエレンを引っ張りだして人間体に戻ったベルトルトとともにスタコラと逃亡。口に入れたユミルとかどうな...

  • From: こいさんの放送中アニメの感想 |
  • 2017/05/22(月) 07:00:58

進撃の巨人 Season2 BS11(5/20)#33

第33話 追う者 超大型巨人が落下して熱風を吹き荒らす。拘束が解けた鎧の巨人がエレンの巨人の項を噛み切る。変身を説いたベルトルトがエレンを抱きかかえて走り去る。 トロスト区ではピクシス司令に報告するエルヴィン団長。これで中央も考えを改めるでしょう。その証拠に憲兵団を壁まで派遣してきた。先遣隊が司令に報告する。調査兵団104期の3人が巨人でした。大型巨人と鎧の巨人との戦闘になり、直ぐに終わった...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2017/05/21(日) 21:46:38

進撃の巨人 Season2 第33話「追う者」

第33話「追う者」 3人揃ってないと日常は取り戻せない。

  • From: いま、お茶いれますね |
  • 2017/05/21(日) 12:11:05

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する