正解するカド 第7話 サンサ 取材感想

  • 2017/05/31(水) 21:00:10

20170531105833.jpg
私が私を見つめてました。

知る権利なんてもんはない。
ただ知識欲があるだけだ。
現実なら二言目には説明責任などと無責任にがなり立てる連中、
SNSにマスコミと話の上で避けて通れないメディア対応。
扱うのが割と面倒な部分をシナリオ上どう処理するか、
どうやら政府と同様に理解者や協力者として取り込むようだが、
ちょっと前までなら絶対にヘイト要員で出されてたよな、
既成概念や共通認識からの脱却という点で主題と作劇が噛み合ってる。
反対運動と便乗商法が矛盾せず両立する俯瞰視点の演出も落ち着いとるね、
なのに浴衣MAOを見た途端僕の心は落ち着いてられませんでしたうおおおお!
何こいつめっちゃあざといんですけど、これが日本の外交戦術か恐れ入った。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

正解するカド TokyoMX(5/26)#07

第7話 サンサ 世界的IT企業SettenのCEOアダム・ワードが来日。言野が最初に撮影した映像が有り得ない再生回数。それに広告を付与したいとでも言うのだろうか。言野を訪れてSettenのプレスとしてヘッドハントしたい。NNKは良い局だから、しかし部下は転職に決断していた。言野は今の自分は過去に居るようで、もどかしかった。 狭山湖に移動したカドの周辺には対策本部などの住居が 立ち並んでいた。...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2017/06/01(木) 06:46:33

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する