つぐもも 十一本目 決闘 甲斐性感想

  • 2017/06/16(金) 20:00:10

tsugu24.jpg
守護らねば。

tsugu25.jpg
解説メガネ。

女を武器に、女を盾に、男として恥ずかしくないのか。
まあこれは気にするよな、気に病むよな、
たとえ世襲の結びつきであろうとも…というよりだからこそ、
女が承知の上でも男はそれを我慢できない。
主従から対等の立場に、できることなら守れる強さを、
小僧が成長する理由なんてそれ以外はないし、これ以上はなかろうよ。
それでいて男女の関係を望まないのは煮え切らない感じもするが、
誰との縁も切りたくなくて一人に絞れないとのことだが、
嘘つけ絶対メガネに操を立ててるんだゾ。
こんなにも想われて、幸せ者やね。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

つぐもも BS11(6/11)#11

十一本目 決闘 帯と刀のつぐももの対決。帯は刀との相性が悪い、切断されてしまう。本来なら帯の間合いが勝つのだが、からだち、ぢばしりは 帯の間合いを凌ぐ長距離技、刀の間合いの近距離も不利。それでも戦い方はある。 古来、呪詛祓い候補者の決闘には水人形が使用されてきた。本人のダメージを肩代わりしてくれる。ただし、つぐもものダメージは受け持たない。桐葉は写し身を2体操れる、本体も含めて3体での攻防が...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2017/06/17(土) 08:37:30

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する