正解するカド 第10話 トワノサキワ' 色仕掛け感想

  • 2017/06/21(水) 21:00:10

20170621141036.jpg
男心を操れば。

展開の是非はさておき、異方女のあざとさが全て。
縁日あたりから露骨になってきたけど、
こんなにまで媚を売らんでもええやんと若干引いてしまうな。
裸Yシャツってわざわざ地球に転生して学んだ知識がそれかよ…
まあ一部の人類を魅了するには効果覿面であろうが。
感化されたにしたってえらくニッチな方向性だ、
対して彼女の出した結論は極めて一般的な見解。
有限だからこそ尊いなんて聞き飽きたメッセージ、
でもそれは抗えない寿命に対する諦念由来の強がりかもしれなくて、
ザシュニナさん視点じゃ理解できないのも無理はない。
神に近い存在の身勝手な理屈にも聞こえるが、
こっちの言い分も聞き捨てならんとは思うのだがね。
正解を求める体で同意してほしかったんだよ、
同レベルの話し相手がほしかっただけなんだよ。
きっと彼も、ただ寂しかっただけなんだよ。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

正解するカド TokyoMX(6/16)#10

第10話 トワノサキワ’ |-年前、38万年後、7億年後、92億年後、98億年後、 異方特異点出現、繭である宇宙の中に入る。40億年前、地球が誕生する。4億年前、生命が誕生する。1億6千年前、260万年前、24年前。徭に娘が誕生、沙羅双樹の花から沙羅花と命名される。成長した沙羅花は米国留学。 私はこの宇宙の一番のファンだから。この繭は初期設定だけを行って自然の成り行きに任せている。繭に入るこ...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2017/06/22(木) 05:03:56

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する