武装少女マキャヴェリズム 第十二節 少女達の「マキャヴェリズム」 終局感想

  • 2017/07/03(月) 06:30:47

busou21.jpg
もうゴールしてもいいよね。

戦闘シーンはもちろん最後までしょぼかったが、
ラスボスの行動原理もそれに負けず劣らずしょぼかった。
自分だけの友達でいてほしい子供のような独占欲、
一番の使い手でありながら精神は一番幼かった。
でも別にそれが駄目ってわけじゃないよ、
これはそれを叩き直すまでの物語だったから。
誰もが少しだけ肩の力を抜き、視野を広げるまでの物語だったから。
各ヒロインの笑顔がそれを証明してるよな、
みんな静止画だとかわいいしそれぞれに魅力があったと思う。
見た目なら白い子、性格ならひょーっひょっひょって笑う子かな、
どっちもロリ枠なのは偶然だと弁明しつつ筆を置く。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

武装少女マキャヴェリズム TokyoMX(6/21)#12終

最終回 第十二節 少女たちの「マキャヴェリズム」 能村、私のものにならないなら殺すだけだ。かつて戦った二人、最後に魔弾を放って力尽きた能村に とどめを刺せなかった天羽。その時から既に彼女には能村が特別な存在だった。 月夜の秘策とは敢えて急所を晒すこと。天羽は服の上からなら容赦なく貫くが裸には手加減をする。そして接近した能村は魔弾を放つ。弾け飛ぶ天羽、自動反撃の一撃は放っていた。立ち上がった天...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2017/07/03(月) 07:59:42

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する