Re:CREATORS #17 世界の屋根を撃つ雨のリズム 確変感想

  • 2017/08/13(日) 10:31:25

20170813100719.jpg
夢にまで見た光景。

20170813100658.jpg
腐人気か…
20170813100802.jpg
ともーじゃん?

あーどうせまた会議だろ?
休みを挟んでもおしゃべりに花を咲かせるんだろ?
いつものように小競り合いが早くも…終了しない!?
みかこしのビビッドアングルが眩しい!?
雨宮のグランゾンみたいなやつも参戦!?
今度の聖杯戦争より、今週のレクリエイターズは何かがおかしい!
まあ一部台本ありきのプロレス戦闘っぽいけど、
まともに戦ってるだけで視聴者を驚かせるのがこのアニメ!
まさかこの効果を狙って今まで詮ないトークに興じていたのか?
あいなま×みかこしのレズクロスオーバーなんか承認力すごそうだし、
ずっとこういうのが見たかったというか、
効果云々は置いといて最初からこうしとけばよかったんちゃうかな。
団地のプロ意識にも普段の薄ら寒い作家論なんかより本気を感じたし、
ラストスパートから急激に面白くなるタイプの作品だったようだ。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Re:CREATORS<レクリエーターズ> #17 「世界の屋根を撃つ雨のリズム」

大作戦開始! 「Re:CREATOR」の第17話。 アルタイル達の姿を確認してモニターは前日譚からライブへとスイッチングされる。 まずアルタイルに対してはセレジアと瑠偉から戦いの口火を切る。 セレジアとアルタイル、瑠偉とアリステリア、そして優夜には翔と徐々に相手が固まる。 しかしアルタイルと距離を取った所でアリステリアは瑠偉にコンタクト。 板額を失っている優夜は翔に対し...

  • From: ゆる本 blog |
  • 2017/08/15(火) 01:41:04

Re:CREATORS BS11(8/12)#17

第17話 世界の屋根を打つ雨のリズム アルタイルが飛翔して鳥籠内で戦闘を開始する。セレジアがフォーゲルシュバリエで攻撃を始めるが通じない。鹿屋瑠偉にはアリステリアが仕掛ける。弥勒寺優也には同じ作品の白亜翔が対戦する。メテオラは鳥籠作成のための詠唱を開始する。アリステリアは瑠偉とメテオラに密かに合図を送る。 セレジアも八門遁甲を応用した新技を発動する。それでもアルタイルは法則性を発見してゲート...

  • From: ぬる~くまったりと |
  • 2017/08/13(日) 13:38:52

Re:CREATORS第17話

安定のアルタイルさまwぐぬぬが似合いすぎるメテオラちゃんw ついに始まったエリミ

  • From: うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳 |
  • 2017/08/13(日) 11:55:02

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

能力バトルは特によくできてもないですね。
バッドを踏んでからのメタエンドは希望。

  • 投稿者: MH
  • 2017/08/15(火) 07:21:03
  • [編集]

>ラストスパートから急激に面白くなるタイプの作品だったようだ

でも、八門遁甲を使った松原さんにはがっかりです。
あれの元ネタは八つの門に囲まれた世界に閉じ込め、出口につながる門以外は門の入口に繋がっていて、正解するまで出られませんな「足止め」の結界だったはずです。
概念に足止め、時間稼ぎの要素を含むものを使って破られて驚くのはどうなんでしょう?
とは言え、二次創作の能力も「正しい方向を指し示す」程度の物なので五十歩百歩ですが。
この能力を作った人は、異世界転生でチート能力と同じで、「強い=チートor天才」なのでしょう。
多分ほしかったのでしょう、出口を知る力が。
八門遁甲には一つ確実に出る方法があります。
正解にたどり着くまで歩き続ける、という方法が。
駿河やボールルームへようこその多々良と同じです。
そして、アルタイルは今回の話で同人作家のせいでその力を手に入れ損ねた。
もう彼女は異世界生活のスバルのようにハッピーエンドまで歩き続けることは出来なくなった。
盾の勇者の成り上がりのように永遠、無限にはなれなくなった。
承認力の代わりに失ったものです。
彼女を有限の存在にしたという意味では松原の勝ちです。
でも、だったら驚くなよと思うのです。
そして人気作家ならプロなら敢えてアルタイルを無限にしてみろ、と。
無限、永遠の存在を仮定しそれを超える方法、そこに挑戦しろ、と。
正解するカドの如く失敗する可能性大でしょう。
でも、そこに挑まずに神を名乗れるでしょうか。
神殺しを成功させ神となった上でアルタイルをもう一度「誰が書いたかも分からない落書き」と呼んでほしい、そう思います。
刹那の敗北を認められるだけの力を見せた上で。

その上で動画になる前の下絵に戻ったアルタイルをぐしゃぐしゃに丸めゴミ箱に…

エンディング。
颯太の部屋に飾られた、しわだらけのアルタイルの下絵はしわのせいか微笑んで見えて…
そして、新たに描きあがったイラストをその横に貼る颯太。
そのイラストは刹那。
時がたち後退が進み松原化した颯太の隣にはまがねが。
「ようやくできたのね」(ラーゼフォン風)
時が止まりメテオラが現れ
「申し訳ない。これは脚本と監督のミスだ。本来の形に修正する。」
まがねを放り投げ、颯太の隣に…
そんなメテオラの後ろにフォーゲルシュバリエの腕伸びてきて摘まみ上げる。
「はいはい、颯太君唯一の見せ場なんだから邪魔しないの」
とメテオラとまがねを回収しリスタート。
一話のモノローグが始まり
「…この物語の中心にい、fin」
メテオラ「すまない颯太殿。尺がたりないのでカットさせていただく」
最後の見せ場もカットの颯太エンドもいいかなと思います。

  • 投稿者: 三番目の猿
  • 2017/08/15(火) 07:01:33
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する